非常に強いラーフと映画女優

双子座ラグナ
01 /17 2019
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
チャートは奥が深いので日々精査していますがますますのめり込む毎日です。

ただ、情報的には日本は薄いので勉強するには難しい環境の可能性を感じます。その場合は海外サイトを頼ると解決すると思います。

さて、インド占星術で見ると惑星的にラーフは「貪り」を意味します。この貪りが強いと願望が叶いやすい。

キャプチャ
チャートを見ると牡牛座ラグナでラーフは水星が支配する双子座に在住しています(ラーフラーフが支配するナクシャトラの狭間付近に在住しています)。ラーフとラグナロードの金星と強い水星、それに11室を支配する木星のアスペクトを受けています。

チャート的には三大吉星の影響を受けるラーフは非常に強力に起動しているといいます(ヨガカラカの土星のアスペクトもあります)。そのような影響はこのチャートの持ち主は海外の有名な女優さんですがラーフー水星期にミスワールドに輝いたという。1室に強い月、2室に吉星の影響が揃うと稀に見る「美貌」をもたらす配置になるようです。

神の化身クリシュナは確かローヒニーの星に生まれていますが、この女優ローヒニーの星に生まれています。

ただ、ラーフという惑星は現代では映画関係に関する重要な惑星らしい。なので映画俳優はラーフの強度が重要になるといいます。このような教えは古典に書かれているとは思えないので統計的に編み出した独自のロジックだと思います。それと俳優は月が重要視されます。

この女優は月とラーフの二つの惑星の強度が相当強いチャートだという教科書そのものの見本になりそうです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

プリヤンカー・チョープラーですね。

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。