相場が暇なので未来のトランジットを精査すると

マンデーン占星術
01 /23 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
インドには凄まじいまでの手練れの占星術師がいますがその人の記事に

今年のこれは「やばいレベル」に見える模様。
キャプチャ
日本の建国図とトランジットチャートですがトランジットの日付は2019年3月23日16:09 東京にTラーフ軸が射手座に入室です。

この様相は1929年の世界大恐慌が頭に浮かんでくるという。単純に考えればTラーフは双子座では相当力を発揮する可能性が高いです。理由は双子座のナクシャトラアールドラーがありますがアールドラーは双子座の中心で支配星はラーフです。

逆に位置する射手座の場合はムーラナクシャトラがあります。ムーラとはケートゥが支配する射手座の主軸の一つのナクシャトラ。だから、ラーフ軸が双子座ー射手座に入室すると影響力が半端なく機能する事を意味するという。

日本は相当な期間、T土星とTラーフ、Tケートゥが1-7ラインに鎮座する事になってしまいます。凶星が1-7ラインに鎮座して良いか悪いかは考えるまでもない話になります。というトランジットが必ず確定していますので頭に入れておいて下さいませ。

体感的にラーフは一切の情け容赦がない惑星です。土星は冷酷になり得る惑星です。火星は暴力そのものの惑星です。ケートゥは混沌・精神の混濁等がもたらされます。もし、このような惑星が噛み合うと「悲惨」は必至ですのでシヴァ神かハヌマーン神に保護を求める事をお勧めします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。