ある選手が大腸がんの手術へ

乙女座ラグナ
01 /25 2019
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
昨日、ツイッターを見ていたらある選手が大腸がん手術という事が書かれてありました。

手術という事は惑星的にメス(火星)が最も重要に感じてしまいます。論よりトランジットを見た方が早いと思います。
キャプチャ
チャートは内側がラーシチャートで外側の緑部分が腸癌手術した日のトランジットチャートです。上に書かれている「ある選手」のチャートではありません。おそらくですがその選手の生まれた日と場所はすぐに分かりましたが出生時間までは分かるかどうか?

手術した日のトランジットで気になったのがラグナロードの水星がD1から見て8室に在住しつつ逆行していました。惑星的には水星が腸と関連性がある惑星になっています。また、この日のT水星はムリチュバーギャでした。

T水星のナクシャトラバラニーに在住していました。バラニーの支配星は金星です。ハウス的に腸は6室付近ですがD1チャートを見ると6室にN金星が在住していました。そのN金星にT火星が接合といる時期に腸に関する手術をした事になるようです。

それと通常の腸は6室付近だと思いますがトランジットやラーシチャートを見ると7室の関りが強いので実際的な手術は6~7室付近の手術だった事がチャートとトランジットが告げているようです。その日の癌(Tラーフ)は5室山羊座にトランジット中でした。山羊座の一つ前が手術した部位である6室水瓶座(7室魚座を含む)になります。癌はTラーフが水瓶座に在住している時期頃より増殖したものと思われます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。