今日は車がのろのろ運転で氷の影響で自動車事故が発生していました

射手座ラグナ
02 /01 2019
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
今日のネタなのですが道路が凍っていたのでかなり滑る道だったのですがそれでも通常よりもあまりにものろのろで渋滞していたのでおかしいなと思っていたのですがよく見ると1km前で自動車事故が発生していた事が判明しました。事故の内容は車同士がぶつかったようです(追突事故)。

何気に自動車事故なども当たり前のようにチャートに明確に示唆されています。
思うにあらゆる事故でも一番危険なのは8室ラーフ&ラーフダシャー期ではないかと。

何も意識しないでチャートを作成しても危険な配置はほぼラーフが絡んでしまうようです。

例えば
D9チャート
キャプチャ
このチャートは死亡事故が起きたイベントチャートですがダシャー的には金星ーラーフーラーフ期に起きました。このチャートの配置のやばい所はラグナから見てラーフが8室はかなり危険でこのラーフはヴァルゴッタマの強さを保持します。

マハー金星から見た8室にラーフのディスポジターの月が在住で二重に危険。金星のディスポジターは土星で土星は金星から見た8室に在住しています。全てが8室に繋がる配置ですが一番の鍵は8室ラーフだったと思います。このラーフの状態が事故の状況を示唆しています。

ラーフの一般象意ですがあまりにもインド的な見方に偏っているとしか思えません。
アウトカースト、最下層民、外国人、罪深い女性、ヘビ、爬虫類、快楽主義、飽くなき現世的欲望、勇気、向こう見ず、無智、怠惰、偽善、異常、調査、外国での生活、物質主義、賭博

この情報を見ると8室ラーフの危険性が見えませんが実践ではほぼ最強に事故リスクが高い配置です。何気に罪深い女性とは売春と関わる女性だろうことが想像できます。

インドの現実は

動画は普通の道路に牛がいて山羊がいます。山羊は食用だったりします。
牛はシヴァ神の乗り物なので「神聖」そのものです。

牛は牡牛座の主。
山羊は山羊座の主。

それを目のあたりにするインドの風景です。
また、インドは直視の国。これは3室新月と関係がある配置に思えてしまう。
興味あるモノを見ずにはいられない性。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。