転生の秘密 前世を記憶する子供たち

神秘学
02 /12 2019
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
よくよく考えればジョーティシュは当たり前のように輪廻が前提の教えですが、その輪廻の過去世等は、どのように詳細に精査すればいいのか是非とも知りたいところです。

一つのヒントとしては、世界には前世を記憶する子供たちが存在します。
その情報の精度はそれに関連する本を読んでもらうとしまして

前世を記憶していた人のチャートを作成しました。
キャプチャ
このチャートの確実な情報としては、生まれた場所と生まれた日までは確実ですが生まれた時間は不明だったので時間修正をしてチャートを作成しました。

このチャートで思い知らされた事は、死ぬ間際の想いがチャートに反映する可能性が非常に高い事です。通常、前世を記憶する子供たちの過去世の死にざまは悲惨です。このチャートの持ち主の場合も例外ではなく、撃たれて死んでいます。

このチャートのダシャーを使用すると犯人が分かります。
撃たれて死んだダシャー期は水星ーラーフ期でした。

マハー水星には3L火星の8番目の暴力的なアスペクトがあります。ラーフは3室に在住し、ディスポジターは水星にアスペクトする逆行する火星です。火星と土星の星座交換には6Lと8Lの負の要素に満ちている事になります。

犯人は弟の犯行でした。
このチャートの持ち主は弟に撃たれて殺された前世を記憶していました。

ここで気になったのは過去世の前世はインド人でカーストの階級としては最高に位置するバラモンだった事です。ですが、今世はバニャン(商人)というカーストに属していました。カーストが変化してしまいました。

日本人の場合は、あまりカースト等考えもしないですが星座的に
バラモンは水星座である蟹座、蠍座、魚座がバラモンの星座です。
商人の星座は風の星座の双子座、天秤座、水瓶座になります。

ですが私の読みではこの人のラグナは労働者階級の乙女座ラグナ。
月ラグナは戦士階級の牡羊座ラグナとなっています。

この人の前世の仕事は薬品に関係した仕事をしていました。この人のジャンマナクシャトラアシュビニーで支配神は医療の神様なので薬やヒーリング、人の世話をする仕事に関係しやすくなるナクシャトラです。過去世の仕事の影響は濃厚に出るらしく、D9&D10共に月とケートゥは常に接合状態になっていました。

それにしても3室に在住する土星&ラーフのナクシャトラは共にアヌラーダですが、このハウスには前世で撃たれた深い傷が眠っている事になると思います。マンガラシャニの星座交換は相当負の要素に満ちている可能性をラーフの接合が証明している模様です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。