ガネーシャ神と聖天とあらゆる富の形態の具現

神・神々・聖仙
02 /19 2019
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
日々、チャートを嗜んでいる私は正しい知識が必要なので必然的に知識の化身そのものであるガネーシャ神を崇敬する事になります。

そのガネーシャ神と日本との関りですが、仏教伝来と共に日本に伝えられ、聖天あるいは歓喜天として、1300年以上にわたって信仰されているようです。非常に霊験あらたかな事で知られており、何故か「秘仏扱い」になっている事が多く、ミステリアスな存在だと言います。

インドでは大人気のガネーシャ神が日本では名を聖天に変え、秘仏扱い。それではガナパティガネーシャ神の別名)を見ていきましょう。「ガ」はブッディ(理智)を象徴しています。「ナ」は英知(グニャーナ)を意味します。ガナパティは理智と英知の主(パティ)です。理智と英知を礼拝する事は、ガナパティを礼拝する一つの形です。

また、ガナパティは全てのガナ(神群)の主でもあります。ガナパティは全てのガナ(神群)の主ゆえに、常にマントラを唱える時は一番最初にガナパティに捧げてから事が始まる決まりになっています。

人はガナパティのマントラを唱え続ける事により、理智と英知が進化向上する事を意味します。ですが、日本では非常に遠い存在の秘仏扱いの神様です。

ちなみにガネーシャ神の別名にヴィグネーシュワラという御名があります。この御名はガナパティがあらゆる富(アイシュワルヤ)の形態の主であることを意味します。ガナパティはあらゆる富の形態の具現そのものです。

ある種、神々の中で最も万能の神がガナパティ(ガネーシャ神の別名)になるようです。当然、ジョーティシュを支配する神もガナパティ(ガネーシャ神の別名)になり、聖なるリシ(聖仙)であるヴィヤーサ仙に手を貸した神はガナパティになります。

ガナパティの聖なるマントラは以下になります。
Ganpati Atharvashirsha(ガナパティ アタルヴァシールシャ


ヴェーダは聞くだけでも効能が高いです。
ケートゥが強く機能するようになると思います。それに水星&木星も向上します。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。