惑星の強度

インド占星術関連情報
03 /28 2019
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
本日は、朝から惑星強度を見ていました。

通常の惑星強度は以下になります。
強い金星>木星>金星>満月>逆行した木星>満ちていく月>水星>欠けていく月

常識的には
木星>金星>水星>月となりますがジャイミニ占星術の場合は

吉意が強い惑星を順に並べると
1、木星と水星
2、金星
3、月
4、ケートゥ


凶意が強い惑星を順に並べると
1、ラーフ
2、土星
3、火星
4、太陽


やはり、ケートゥが吉星に変化している事に違和感を覚えます。パラシャラ式に比べてジャイミニ式は明らかにモクシャを最大の吉意と捉えている何よりの証拠そのものに思えます。

また、ラーフが怖い事はTラーフ軸を精査して十分に体感していたのですが、当たり前のように凶意に満ちている惑星ラーフだった模様です。この場合、8室ラーフが最もリスクが高くなるので早急にラーフを宥める必要が出てきます。日本人が単純に出来る供養法は犬に奉仕をする事。犬を飼って愛したり、あらゆる手段を使用して犬達のご機嫌を宥めるとラーフの凶意が弱る事になります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。