1室の影響と死期

天秤座ラグナ
04 /09 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
今日は夜に海外サイトを見ていたのですが、死期の事が書かれていました。

その記事によると1室アセンダント)が重要らしい。
通常の死期マーラカダシャーだと思うのですが。

キャプチャ
チャートの持ち主はインド人です。
生まれた時間の精度が相当高いようなので隠さず(通常は勉強に良くないので消しています)に使用します。

この人が死んだ日は2011年12月3日です。ダシャーはプラーナダシャーまで使用していたのでジャガナータを見る必要がありました。死期ダシャーは木星ー金星ー木星ー月ーラーフ期でした。

ダシャー1室アセンダント)の説明ですが
1、マハー木星は1室アセンダント)に在住しています。
2、アンタル金星は1室アセンダント)の支配星です。
3、プラティ木星は1室アセンダント)に在住しています。
4、スークシュマ月は1室を支配する金星のナクシャトラロードです。
5、プラーナラーフはアセンダントのナクシャトラロードです。


という事で全て1室(アセンダント)絡みの死期となっていました。ダブルマーラカの火星が絡まない死期とは。火星はラグナ、月ラグナ、マハーダシャーロードから見ても2室を支配する惑星でした。2Lとは最強のマーラカ惑星を意味し、実践でも最強の殺傷力をもたらします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

なのはさんへ

コメント、ありがとうございます。

この人の死期をチャラダシャーで見ると天秤座ー牡牛座期でした。
天秤・牡牛座の支配星の金星はGKです。
天秤座にはAmKが在住し、牡牛座にアスペクトしています。

D9の牡牛座にはAmKが在住しているようです。
常に木星(3、6L)がマーラカとして機能した模様です。

ナーラーヤナより

あと天秤座ラグナは木星が機能的凶星ですね

これは難しく考えなくても
一室金星(自分)が12室(あの世)に行ったって感じでは?

乙女座金星も
天秤座木星も
品位悪いし

やっぱりハウスと品位って大切ねっていう

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。