インド占星術 5凶と4凶

インド占星術関連情報
06 /15 2019
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
インド占星術は主に9つの惑星を使用して分析しますが、9つの中で土星、火星、ラーフ、ケートゥ、太陽は生来的に凶星として扱われています。

この5凶星ですが、トランジット的に東京時間で2019年6月15日 21時9分
D1チャート
キャプチャ
本日の夜の21時9分に双子座ー射手座ラインに勢ぞろいになるようです。
滅多にお目にかかれない稀有なチャート配置。

それでいて凶意が強い。
凶意の団結はナヴァムシャにも示されており、
キャプチャ
ナヴァムシャで見ると4凶星が牡牛座ー蠍座ラインに集結で太陽は減衰配置で牡牛座から見て6H、蠍座からは12Hというドシュタナ配置。

凶星が揃うのは凶意が勝り、吉意が封印されている事を意味します。
闇が増し、光が失われます。その結果、無知が増大します。無知は不幸を招く。
5凶星の団結が解除される日は2019年6月23日 2時53分まで続く事になります。

まとめると今のトランジット
2019年6月15日21時9分から5凶星が揃う。
2019年6月23日2時52分まで5凶星が維持する事になる。


解除は2019年6月23日 2時53分です。
いずれも東京時間です。
闇に対抗する唯一の手段は光そのものである神以外存在しません。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。