インド占星術 宝石と病気

宝石処方
07 /19 2019
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
なんとなくですが、宝石病気への効能を見ていました。

簡単に書きますと
※ 太陽(ルビー病気への効能ですが、心臓病、眼の炎症、低血圧または高血圧、出血、心血栓症、発熱および胆汁性体質。脳性髄膜炎、顔面の発疹、腸チフス、てんかん、日射病、火傷、頭部の病気

※ 月(真珠病気への効能ですが、目の病気、狂気、麻痺、ヒステリー、てんかん、風邪、咳、疝痛、腸の病気、腫瘍、腹膜炎、のどのトラブル、喘息、気管支炎、静脈瘤、神経衰弱、がん、腸チフス。

※ 火星(赤珊瑚の病気への効能ですが、顔と体の発疹、切り傷、やけど、あざ、血液および筋肉系の一般的な病気、骨髄の病気。

※ 水星(エメラルドの病気への効能ですが、精神疾患、神経衰弱、神経過敏、過度の発汗、性的不能、めまい、聴覚障害、吃音、喘息、気管支炎、神経痛、心臓の動悸、鼻の障害、皮膚発疹および発疹。

※ 木星(イエローサファイア)の病気への効能ですが、黄疸、めまい、怠惰、一般的な倦怠感、カタル、白内障、体の脂肪、炭水化物、鼓腸、消化不良、ヘルニア、貧血、痔、脳卒中、糖尿病、腫瘍、痴呆、慢性疾患、脳溢血。

※ 金星(ダイヤモンドの病気への効能ですが、性病、カルブンケル、膀胱または腎臓の結石、眼の病気、卵巣の病気、性器の衰弱、痛風、貧血、目やに、のどの病気、消化器系の病気、中絶、過敏症、湿疹、梅毒、淋病、月経異常。

※ 土星(ブルーサファイア)の病気への効能ですが、麻痺、狂気、四肢の損傷、癌、腫瘍、痴呆、腺疾患、風邪、痰、心臓の痛み、リウマチ、気管支炎。

※ ラーフ(ゴメーダの病気への効能ですが、癌、恐怖症、診断できない病気、中毒、動作の遅さ、不器用さ、心臓の動悸、腸のトラブルと病気、狂気、ハンセン病、潰瘍、おでき、静脈瘤、痛風、鋭い急性の痛み。

※ ケートゥ(キャッツアイの病気への効能ですが、腸内寄生虫、伝染病、皮膚の発疹、発熱、低血圧、難聴、吃音。

着用する前には、プージャが必要ですが、ルビーはスーリヤ寺院。真珠はシヴァ寺院。赤珊瑚はマンガラ寺院。エメラルドはヴィシュヌ寺院。イエローサファイアはシヴァ寺院。ダイヤモンドはラクシュミ寺院。ブルーサファイアはシャニ寺院。ゴメーダはシヴァ寺院。キャッツアイはシヴァ寺院に魂の入魂をしてもらう必要があります。

宝石は、私たちの行動と感情的な習慣、思考パターン、信念体系などが存在するあらゆる生物から発せられる微妙なエネルギー場に影響を与えます。宝石のエネルギーパターンは、人の感情的および精神的エネルギーに直接影響を及ぼし、これは、ある期間にわたって、持続的な変化を促進します。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。