インド占星術 潜在的なカルマ(行為)

双子座ラグナ
07 /21 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
ネット記事によると

京アニ放火容疑者、やけど重篤な状態続く 別病院に移送

京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで34人が死亡した放火殺人事件で、全身やけどで病院に搬送され、入院していた青葉真司容疑者(41)が20日午前、治療のため大阪府内の別の病院に移送された。捜査関係者が明らかにした。府警捜査本部によると、青葉容疑者は全身にやけどを負い、搬送先の京都市東山区の病院で治療中だったが、命の危険もある重篤な状態が続いている。このため、府警はより専門的な治療を受けられる病院にドクターヘリで移したという。


容疑者は重篤な状態らしいです。
そもそも火傷で重篤な状態になるタイミングですが事例を見ると

Bhava Chalit
キャプチャ
チャートは本質を見るBhava Chalitチャートですが、大火傷にあったダシャー期は月ー金星ー火星期でした。幾度も死線をくぐり抜ける状態が続いた模様です。

マハーの月は8室に在住しつつ、マーラカ支配で2室にアスペバック。
アンタル金星は2室に在住し、8室にアスペクト。月と金星は2-8ラインで繋がっています。
2室は最凶マーラカ、8室は最凶ドシュタナです。
プラティ火星は8L土星と4室で合です。

全てに共通するのは8室に繋がりがある事。
月は8H。
金星は8室にアスペ。
火星は8Lと合。

突発的な事象は早朝の火事により、大火傷してしまった事になります。
ですが、実際のラーシチャートを見ると様相が異なります。
キャプチャ
チャートを見ると8室関連は姿を消し、12室がポイントになります。

月は12L金星と相互アスペ。
金星は12Lで月と相互アスペで1-7ライン形成。
火星は12室にアスペクト。

火事のトランジットのタイミングは4室にT火星とT土星の影響があるタイミングで現象化しました。もっと重要なのはラグナロードのT水星とT月が水星のナクシャトラを通過するタイミングで現象化です。

ナクシャトラを虱潰しに精査すると全てに繋がってしまいます。カルマ(行為)は行動器官によって繋がる模様。ただ、アセンダントを含めた10のナクシャトラロード的に潜在的に火のカルマが眠っている可能性を感じました。10のナクシャトラロードのうち、6つのナクシャトラロードが火の惑星でした。

太陽、火星、ケートゥは火元素優位の惑星。
キャプチャ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。