インド占星術 強迫性障害(OCD)

健康の見方
07 /24 2019
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
今日はに関するネタを見ていました。

具体的には強迫性障害OCD)です。
簡単に強迫性障害OCD)を検索すると

強迫性障害(きょうはくせいしょうがい、英: Obsessive–compulsive disorder , OCD)は、不合理な行為や思考を自分の意に反して反復してしまう精神障害の一種である。1994年以前は強迫神経症の診断名であった。同じ行為を繰り返してしまう「強迫行為」と、同じ思考を繰り返してしまう「強迫観念」からなる。アメリカ精神医学会発行のDSM-IV(精神障害の診断と統計マニュアル)において、不安障害に分類されている。多くはその行為に日あたり1時間以上を費やしてしまう。2013年のDSM-5では強迫症の診断名も併記される。

その原因は不明である。同様の症状を生み出す複数の疾患の基盤にある連続性に注目し、それらを強迫スペクトラム障害 (OCSD) として、その特異な関連の研究が行われている。このスペクトラムには自閉症、アスペルガー症候群、チック、トゥレット障害、抜毛症、皮膚むしり症、自傷行為、身体醜形恐怖、摂食障害、依存症などが含まれている。

人口の約2.3%は、人生のある時点で強迫性障害を経験する。年間の患者数は、全世界では約1.2%ほど。35歳以降で発症することは少なく、患者の半数は20歳以下で発症している。男性も女性も、ほぼ等しく発症する。

治療は主に心理療法によって行い、認知行動療法(CBT)や曝露反応妨害法(ERP)などが用いられ、時には薬物療法(SSRI)などが行われる。治療されなければ、その症状は数十年続きえる。


情報的には、人口の約2.3%は、人生のある時点で強迫性障害を経験する。年間の患者数は、全世界では約1.2%ほど。35歳以降で発症することは少なく、患者の半数は20歳以下で発症している。男性も女性も、ほぼ等しく発症する。ちなみにその原因は不明である。

基本的には35歳より前に発症しやすいらしい。
時間の経過は症状を和らげる可能性があるようです。

日本のインド占星術関連を検索しましたが、情報が皆無だった。
キャプチャ
このチャートは強迫性障害に苦しんでいる人のチャートです。30年以上のジョーティシュの経験者の話によると、このチャートには特徴があるという。

最初に探りを入れたのが12室に在住する水星と太陽。水星は高揚配置ですが、太陽と水星の12室の配置は惑星の力が弱まるという。

次に目をつけたのが6室に在住する月との相互アスペクト。魚座の月は、人の心を過敏にするという。この人は僅かな苦しみにも耐える事が出来ず、あらゆる事を感情的に考えてしまう。

次のポイントはラグナに在住する火星とケートゥの配置。また、ラグナには土星のアスペクトが働きます。最後は7室に在住するラーフの配置は良くなく、7室の牡羊座には火の性質を帯びる二つの惑星である火星とケートゥの影響が働く事になるのでラーフは火の要素を強く吸収してしまう。

ラグナ的な説明は、天秤座の住民は、バランス感覚に優れた正義感が強い住民と言われています。彼らは、あらゆる意味で不正を容認する事が出来ない。彼らが他人や自己に不正が見えるような状態に直面すると彼らは傷ついたと感じてしまう。月と水星が十分に強くなければ、彼らは心が痛んだ状態になってしまってついには強迫性障害を発症してしまうという。ライン的に6室月と12室水星は強迫性障害に至る傾向を作りやすい。

1室に火星とケートゥが在住し、神経系に影響をもたらす土星のアスペクトが働き、衝動のラーフのアスペクトも働く。ただし、このチャートの人は、強迫性障害ですが、他の家族は一切強迫性障害の影響はないという。即ち、家族の中で強迫性障害なのはこのチャートの人だけだという。

私的には寧ろナクシャトラロードのバランスの影響だと思う。
ナクシャトラロードのバランスは
キャプチャ
画像は全部で10のナクシャトラロードがありますが、1室と7室に在住する惑星は火星、ケートゥ、ラーフでしたが、この三つのナクシャトラロードの影響は60%です。残りの30%は12室に在住する惑星がナクシャトラロード。土星のみが11室に在住するナクシャトラロードです。

ラグナで見るともっと明確ではないかと思いますが、ナクシャトラロードのバランスは重要です。PKの場合は、サブロードまで見て判断していますが私はそこまではみませんが、ナクシャトラロードは重要です。

ちなみに発症したダシャー等の詳細がないのでこれ以上は分かりません。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ふあんさんへ

こんにちは。
貴重なコメントをありがとうございました。

マル秘コメントの為、内容は伏せますし、また、匿名でも情報をさらすのは得策ではありません。理由ですが、私程度の時間をかける人がチャートを見てしまうと相当分かっている事になります。なので情報は伏せるのが一番です。


ですが、ふあんさんは様々な精神疾患や不安障害、強迫性障害の情報が欲しいと思いますので海外からネタを調べて記事に書きたいと思います。それがあなた様に対する私の答えになります。それにより、私ではなく、あなた様自身が不安障害、強迫性障害の惑星、ハウスの意味合いを探求すべきと思います。

ふあんさんはある人に鑑定してもらったら「精神疾患と火星は関連が多い」とありますが、それも様々なチャートを見て判断する必要があると思います。

ふあんさんのコメントの内容は凄く勉強になり、あなた様も色々とロジックを探求している姿勢が素晴らしいです。今後の記事は火星を一つの目安に見ていきたいと思います。コメント、ありがとうございました。

ナーラーヤナより

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。