インド占星術 マハーケートゥ期

インド占星術関連情報
07 /24 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
日本は2022年12月にマハーケートゥ期が始まります。

そして日本の運気が始まって順調に良好ならいいですが、明らかに運気が低下する兆しが出た場合は
Durga Saptashati Japa
Mrityunjaya Japa

上記の二つのジャパがケートゥを宥める事になる模様です。
端的にドゥルガー女神ルドラ神に助けを求める事を意味します。

ムルティユンジャヤマントラは108回などではなく、真剣に1008回唱えるといいと思います。もしくは5時間半、ひたすら流し続けましょう。

このマントラは至高のマントラであるルッドラムの短縮版です。


ドゥルガー女神に願いたいなら

こちらはDurga Saptashatiの3時間のマントラです。
意味が分からなくても最初は耳で聞き続ける事をお勧めします。

ちなみに私はトランジットで5つの凶星が強まってからひたすら

シヴァの変化身のマントラであるハヌマンチャリサを流し続けており、同時に唱えています。今でも三つの凶星が日本の1-7ラインを通過中であり、その影響こそが「火災」を生んだ事になります。ダシャー的にあの火災の原因はプラティ太陽期と関係しています。

どちらにしましても凶星に最大のキャンセルを与えるマントラの一つがハヌマンチャリサなので三界に並ぶ者なきお方のマントラを唱える事を強くお勧めします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。