インド占星術 トリグナ

インド占星術関連情報
08 /21 2019
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
昨日は、バガヴァッド・ギーターを読んでいました。

バガヴァッド・ギータークリシュナ神の神聖なる教えですが、それによるとこの世は三つの属性を意味するトリグナにより、支配されています。

三つの属性とは、サットヴァラジャスタマスです。
このトリグナは惑星にも機能します。

サットヴァの惑星は太陽、月、木星です。
ラジャスの惑星は金星と水星です。

見て分かると思いますが、残りがインド占星術で凶星と言われる火星、土星、ラーフ、ケートゥであり、この四つがタマスの惑星になります。ラーシ的には凶星が支配する牡羊座、蠍座、山羊座、水瓶座はタマスの星座になります。ギーターによると魂がタマスに支配されると狂気、怠惰、惰眠に束縛されるという。または、人の知識を消して判断を狂わせる。

トリグナ的にサットヴァは清らかで光り輝き、健康的であるが幸福を求め知識に憧れるという事で魂を束縛する。ラジャスは際限のない欲望と切望である性質の作用は、人間を物質的利益に縛り付け、執着させる。

トリグナサットヴァとは神的性質を帯び、ラジャスは人間的性質を帯び、タマスは動物的性質を意味しています。トリグナは常に競争しています。

時にはサットヴァ優勢でラジャスタマスを制し、
時にはラジャス優勢でサットヴァとタマスを制し、
時にはタマス優勢でサットヴァとラジャスを支配する。

読んでいてラジャスはカーマそのものだという事です。
カーマハウスは3、7、11室で全て奇数数字。

このハウスが目立つ人はラジャス優勢でサットヴァとタマスを制して生きている可能性がある。

トリグナ輪廻にも直結します。
トリグナの影響により、生まれ変わる家が決まっています。

だからこそ、人は神的性質のサットヴァを増大させる必要があります。
それが最も安楽で清浄な生き方になり、それ以外の方法は存在しません。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。