インド占星術 死後について来るもの

インド占星術関連情報
09 /18 2019
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
ヴェーダの教えにはある種の絶対的金言があります。

その絶対的金言はジョーティシュを支配しています。
それは、「蒔いたとおりに刈り取る」という事になります。
これが犯しがたいカルマの法則です。

この法則は死後にも通用するので死後に私たちに同伴するものは、生存中にわたしたちが行った善悪の行為の結果だけです。

この世は三つのグナ属性)に支配されていますが、重いグナは高い世界に行く事が出来ません。重いグナは暗い性質を帯び、軽いグナは楽々と高い世界に舞い上がる事になります。

主なるクリシュナはギーターで言っています。
バラタ王の子孫よ タマス
肉体を持つ魂の迷妄である
この性質に支配されると
狂気、怠惰、多眠に支配される


タマスは重い属性を意味します。

軽い属性に関して主なるクリシュナはギーターで
罪なき者よ サットヴァは他に較べると
清らかで光り輝き 健康的であるが
幸福を求め知識に憧れるということで
肉体をまとった魂を束縛する


サットヴァは軽い健康的な属性を意味します。
主なるクリシュナは転生自体も書いています。

サットヴァが優位な状態で死ねば
その魂は聖者達や
立派な信仰家たちの住む
清らかな世界に上がっていく

ラジャスが優位な状態で死ねば
その魂は仕事に追われる人々の世界に生まれ

タマスが優位な状態で死ねば
その魂は無知蒙昧な女の胎に宿る


人がヴェーダを学んでいる場合は、三つのグナ属性)を熟知する必要があり、重視すべきは常にサットヴァのみになります。

人がタマスに支配されると人の知識を消して判断を狂わせる
人がラジャスに支配されると人を利益ある仕事に執着させ
人がサットヴァに支配されると人を幸福に執着させる


このような事が神の詩を意味するバガヴァッド・ギーターに書かれています。
全ての事は神の意志(ダイヴァ・サンカルパ)に従って起こる事を把握すべきです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。