インド占星術 トランジット

インド占星術関連情報
09 /22 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
トランジットを調べていたのですが、日本のサイトを調べるとあまりない状態です。

日本のトランジットは何故かトランジットダブルトランジットらしい。
日本には詳細な一つ一つのトランジットの情報が殆どないようです。

唯一あるのが【トランジット】:トランジットする惑星とハウスの関係

この場合、日本人は調べる事が出来なくなる可能性が高いようです。
海外の場合は、単純なサイトですら、相応の事が書かれています。

太陽のトランジットの場合だと

ある星座から別の星座 への太陽の移行は、サントランジットと呼ばれます。太陽は、占星術的に重要な「自己」を意味します。太陽の占星術の色はオレンジです。太陽は1つの星座で約30日間を過ごし、12の星座すべてを完了するには1年かかります。したがって、太陽の住宅経由の通過は、好ましい結果を予測するための重要な要素です。

太陽は、太陽系で最も重要な星の1つです。エネルギー源であることから、レオ記号を支配することが最終的に知られるまで、太陽は太陽系と同義です。月、火星、木星は太陽の友人の一部です。太陽は金星と土星の敵であり、水星では中立です。 宝石はルビー。ルビーにはピンクと赤の異なる色合いがあります。サンスクリット語では、太陽は「スーリヤ」と呼ばれています。

占星術における太陽の役割
太陽系では、すべての惑星が太陽の周りを公転しています。彼は太陽系の強力な星の一人と言われています。地球上のすべてのエネルギーは、太陽の光線によって提供されます。太陽光線は人間の内なる魂につながっています。したがって、ヴェーダ占星術によると、太陽は人間の魂であるアートマと言われています。星占いや出生チャートでの太陽の有利な位置は、あらゆる分野の個人に名声、名前、お金をもたらします。


このような事が書かれていますが、例えば、太陽が12室を通過する主な影響は日本のサイトには闘争、富の損失、支出なので財布の紐を堅くする時期なのは必須であり、同時に戦いが起きやすい模様ですが

海外サイトは
※ 12室を通過する太陽は、不吉だと考えられています。この家の太陽は、肉体的な痛みおよび財政的損失の原因となる。家族に精神的ストレスと不幸が残る。

読むと肉体的な痛みと財政的損失の文字があるようです。また、家族に精神的ストレスと不幸が残るという事はこの時期は幸運が逃げやすく、何より財政面でお金が流出傾向が強まる感じに書かれています。

12室の対面の6室の太陽トランジットを見ると日本のサイトには敵の残滅、健康なので健康に優れる時期で尚且つ、敵がいるならこの時期に仕掛けると残滅する事が出来そうです。

海外サイトは
6番目の家に移動する太陽は、本当に有益だと考えられている。この家に在住する太陽は、あなたのすべての仕事を成功させるのに役立ちます。名誉と世俗的な喜びの増加が達成される。身体は健康で精神的な安らぎが得られる。

生来的凶星のウパチャヤハウス(3、6、10、11室通過)は縁起がいいと言われていますが、6室はかなり良さげそうです。ただし、サントランジットの影響は30日程度で終わりますが、最強のトランジットであるサターントランジットは完全に把握する必要があると思います。

偉大なるシャニ神の一つのハウスの在住影響は約2年と半年です。この影響の長さゆえにサディサティというサターントランジットが畏怖されています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。