インド占星術 ジョーティ=神の光

インド占星術関連情報
10 /16 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
ジョーティについて考えていました。

ジョーティとは「神の光」を意味する言葉になります。

専門用語的にはこの光は
アシティ(実在、存在)
バーティ(覚醒意識、照明、知識)
プリヤ(至福、歓喜)から成り立っているとされています。

即ち、神の光とは、サット(実在)、チット(覚醒意識)、アーナンダ(歓喜)そのものを意味します。また、神の光はディーピャティ(照らす)と言われています。この神の光ジョーティ)は、全ての者の中に顕現し、輝いていると言われています。

この顕現を遮るのがコーシャ(鞘)です。コーシャは五つあるのでパンチャコーシャになります。ジョーティはパンチャコーシャにより、覆われています。最も外側のコーシャがアンナマヤコーシャである食物の鞘です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。