インド占星術 バラリシュタとケンドラと吉星の弱さ

インド占星術関連情報
10 /27 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
とあるチャートを見ていました。

見ていたチャートバラリシュタチャート
キャプチャ
このチャートバラリシュタチャートなので健全性を見るとラグナと月ラグナから見てケンドラには月しか在住していません。太陽ラグナを使用するとケンドラには全ての凶星が勢ぞろいの状況になっていました。

吉星の状態を見ると二大吉星は6室ウパチャヤに在住し、水星は逆行の弱さがあり、5室に在住して凶星からサンドイッチで太陽からコンバストの影響がもたらされています。月は光は強いですが、確実にケーマドルマの寂しいヨガを形成されているようです。この少女は皆既月食の数日前に生まれた事になるようです。

最も危険だったのはアセンダントのナクシャトラロードが金星だった事。
金星はダブルマーラカで減衰配置。

シュラヴァナの月なのでマハーダシャー月期からスタートしています。このチャートのマーラカは金星ですが、バーダカ・スターナは水瓶座、バーダカは土星とラーフです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。