インド占星術 不動産取得とその苦労

インド占星術関連情報
11 /03 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
海外サイトのネタで不動産取得のネタがありました。

土地・建物のカラカ火星であり、それと4室。
銀行ローンは6室。家の利得は11室。
出費は12室等を見る。

キャプチャ
チャートはラーフー火星期頃から木星ー木星期の時期の話のようですが、多くの問題に直面しており、家を買うことが出来ない模様です。

上記のロジックを使用すると土地・建物のカラカは4Hです。それと火星は家の利得の11室を支配しているようですが、ローンの6室も支配する。

何より4L水星と6L火星の星座交換が起きており、4-6が非常に強い。4室には出費を司る12L金星が減衰で在住。という感じでこんな配置で6室が目立つ時期は、不動産取得で苦労する事この上なしのようです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

現在、多忙につきまして鑑定は停止しておりますのでよろしくお願いいたします。