インド占星術 気になるナクシャトラと知性の有毒性

インド占星術関連情報
11 /22 2019
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
日本の建国図を考えると混乱・崩壊をもたらすと言われる9番目のナクシャトラであるアーシュレーシャは危険な香りを発しています。

そもそも、どうもアーシュレーシャはとぐろを巻いた蛇が象徴なので有毒性を感じてしまいます。水星が支配星なので知性に有毒性が侵食している感じがします。日本で過去に起きてはいけなかった事件で「秋葉原通り魔事件」がありますが、あれは根底にアーシュレーシャが絡んでいるようです。

それも根底は知性に有毒性が侵食している事件。
秋葉原通り魔事件は2008年6月8日12時30分過ぎ、東京都千代田区外神田四丁目の神田明神通りと中央通りが交わる交差点で起きた通り魔事件です。

その日時のチャートを作成すると
キャプチャ
内側のチャートが日本の建国図で外側のチャートがイベントチャート
その時期の日本のダシャーは水星ー金星ーケートゥ期でした。

この日のアーシュレーシャ領域を見ると近い度数で接合する心と行動の惑星、それに衝動や爆発性を意味するケートゥも通過中。
Ma 22:16 GK
Mo 23:18 MK

ナクシャトラロードは知性の水星です。
サブロードは心の月。

その日、その時間帯は22~23度の度数に
Ma 22:16 GK
MeR 22:59 PK
Mo 23:18 MK
Ve 23:27 BK
Su 23:44 AmK

度数で見る手法を知らないので不明ですが、これが何を意味するのか?アーシュレーシャは今日見ていた違うチャートでも精神的に苦しませていたので日本のアーシュレーシャの影響を思い出しました。建国図自体にアーシュレーシャの影響はないですが、水星が関わる時期、その影響を免れない事になるようです。

ダシャー的に水星と金星期に起きた理由は、この二つのナクシャトラロードが水星だという事に関係しています。共にレーヴァティに在住しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。