インド占星術 ガネーシャ神は最初に礼拝される神

神・神々・聖仙
12 /10 2019
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
ジョーティシュをやるようになってから常にガネーシャ神を意識するようになりました。

ガネーシャ神の別名はヴィナーヤカですが、この言葉の意味するモノは一つしか存在しません。ヴィナーヤカとは、自分の主人は自分であり、自分より上の主人を持たないという意味です。これは、ガネーシャ神は一切誰にも依存しない事を意味します。

ヴィナーヤカガナパティとも呼ばれています。この言葉は、ガネーシャ神がガナ(神なる存在の部類)を司る者である事を意味します。人間の内的な意味合いとしては、ガネーシャ神は人の内なる知性と識別力を司る者である事も示唆しています。ガネーシャ神は、ブッティ(知性)とスィッティ(叡智)を司る者であるがゆえ、ブッティとスィッティの主なる神であるとも述べられています。

ガネーシャ神は最初に礼拝されるべき神と言われていますが、それには理由がございます。ガネーシャ神のもう一つの別名は「ヴィグネーシュワラ」は「ヴィグナ+イーシュワラ」です。イーシュワラとは、考えられるあらゆる富の形態、例えば、お金、知識、健康、至福、美しさなど、に恵まれた者という意味です。ヴィグネーシュワラは、これら全ての形での富の形態を促進する者であり、それらを享受する妨げになるものを全て取り除きます。また、自らを礼拝する者に、これら全ての富の形態を与えます。この世では誰もが富と繁栄を望んでいるがゆえに、まず最初にガネーシャ神を礼拝する事になります。

人は、神の様々な側面の内的意味を理解して、初めて意味のある礼拝を捧げる事が出来ると言われていますが、いつの世でも最初に礼拝されるべき神はガネーシャ神になります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。