インド占星術 ダシャーの影響

インド占星術関連情報
12 /13 2019
親愛なる読者の皆様、今晩は。
ダシャーの影響を調べていたのですが

マハーラーフ期の場合

ラーフが機能的に有利な場合、嘘や策略、狡猾さで支配権を得たり、悪徳な手段で富を得たり、居住地を変えたりすることができる。しかし、もしラーフが好ましくない場合、非常に多くの損失を被ったり、精神異常を患ったり、幻覚と幻想、喘息、湿疹などを患ったりすることになるだろう。これは教育や職業にとって最悪のマハーダシャーであり、壊れたり混乱したりする可能性があります。


ラーフが良く機能しない場合、教育や職業にとって最悪のマハーダシャーが18年も続くらしい。この場合は、救済策を講じる必要があります。

ラーフの相方のマハーケートゥ期の場合

ケートゥが機能的に有利な場合、哲学書の熟読に時間とエネルギーを費やし、礼拝に従事し、医業から多くの収入を得、家庭の快適さと贅沢を享受し、幸運と病気からの自由を享受する。しかし、ケートゥが機能的に良くない場合、体の激しい痛みと心の苦痛、事故、傷、発熱に苦しみ、仲間が少なくなり、悪い結果を招く可能性があります。


ケートゥ期は仲間が少なくなる模様です。まぁ、7年の辛抱です。

生来的な吉星のケースですが、マハー水星期だと

水星が機能的に有利な場合、研究や執筆などに時間とエネルギーを費やします。活動は活発であり、商取引や政治や外交に従事し、他人との取引を通じて利益を得、友人との付き合い、平和と静けさを楽しみ、快適な環境で生活します。しかし、水星が機能的に弱い場合、神経病、肝臓病、悪い友達や関係による損失、自分自身の不正直などによる名誉毀損などに苦しむことになる。


ケートゥ期と違って友達が少なくなるわけではないようですが、友達の質が悪くなるようです。商取引には抜群の力を水星期は発揮しそうです。これが17年続くのは侮れない。

ダシャー自体の影響は二種類あるようです。聖仙パラシャラによると一つは、グラハ( 惑星) 本来 の 性質 により、一つはグラハ 自身 の状態 や 位置 に よる影響です。

日本の場合ですと
キャプチャ
4室が特に機能した水星ー金星ー土星期に4室が破壊されたようです。

中でも一番怖い犯人は土星。
キャプチャ
水星でも金星でもなく、土星です。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。