インド占星術 ヴェーダの効能

インド占星術関連情報
02 /11 2020
親愛なる読者の皆様、今晩は。
2020年の総合鑑定を受付中です。多数の依頼をお待ちしております。近未来の知りたい分野の分析になります。
↓↓↓
インド占星術 2020年の運勢を知る

ジョーティシュはヴェーダの枝の教えになりますが、ヴェーダを色々と調べるとヴェーダは全人類の幸福のための神からの贈りものになるようです。そのため、ヴェーダは人間のあらゆる種類の苦しみを軽減することが出来ると明言されています。

ヴェーダはマントラ的に難しいですが、仮にヴェーダを唱えることができなくても、信愛の心でその音を聴きさえすれば、より高いレベルへと高められるようです。これは心の純化を意味しています。同様に、ヴェーダの詠唱を一心に聴くことは、計り知れない恩恵を与えてくれると言われています。心の純化は高い集中力をもたらし、知性を高める働きがあります。

ヴェーダという言葉の由来ですが、サンスクリットの語根「ヴィッド」から来ており、これは超越的知識を意味するようです。また、ヴェーダはシルティと呼ばれていますが、これは聞いて得た知識という意味です。ヴェーダは聴聞の過程を通って一連の師と弟子を経て今日まで伝えられてきています。

ヴェーダは聴聞するだけで計り知れない恩恵を与えてくれるシャブダ ブラフマンです。シャブダ ブラフマンとは、音として顕れた神という意味です。シャブダ ブラフマンは全ての空間に遍満しています。

深い意味での多数の総合の鑑定依頼をお待ちしております。インド占星術の分析は魂の性質を読み解く作業でもあり、過去の行為自体は常に受け継ぐ性質があります。
↓↓↓
インド占星術による総合の有料鑑定であなたの全てを知りましょう
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

みけねこさんへ

今晩は。

国安仙人はまさに仙人だったのですが、レベルが高すぎて誰もついていけない感じだったよです。多少のお弟子さんがいたようです。そして専門用語で申し訳ございませんが尸解仙の状態でお亡くなりになっています。

水星期は学びに適した時期になるかなと思いますが、水星は、月の次に惑星の影響が受けやすいので色々と保護が必要になる惑星そのものです。人は多面的でダシャーによっては別人にもなるのは同感です。ただ、人間はマーヤに捕らわれている限りは、なかなかに神性の一元に辿り着くのが難しいと思います。私みたいにこの世に飽きてしまった人は一元性を自然に目指すようになるのかなと思います。

ナーラーヤナより


仙人と瞑想

国安仙人てどんな方かなーと検索したものの眠くなり また明日調べようと
ご本人が書かれたという護符に「おお すごい」と見入って後パソコン切ったら
急に瞑想状態になり動けなくなりました
心は動いてて どうしたものかと思いつつ不快ではなく上方へぐんぐんひっぱられる感じでーーー体を動かせるようになって時計を見ると1時間半ほど経ってました 10分くらいに思えましたが・・・・・・


ほんと今ヴェーダ唱えるだけでいいのですけど 汗

水星/水星/ケートゥ期には瞑想中はからずも過去世見えましたが
ナーラーヤナさんのおっしゃる通りで見えても意味はないと思いました
それでも瞑想は風に舞う木の葉のような水星期には有効で随分助かりますね

人は多面的でダシャーによっては別人にもなるから 
その全てに応えるべく世界は(神は)こんなに彩り溢れてるんでしょうね!
今日は日曜日なので太陽のヴェーダ練習します
ではまた! ありがとうございました
みけねこより

みけねこさんへ

今晩は。

お世話になっております。
過去世等に関しては深い瞑想のレベルに入り、心素を覗き見るレベルに入れるようになると自然に分かるようになるようです。現実的には、あまり知っても意味がないと思います。大事なのは今という事になるからです。そのため、過去を見る力がある人は、過去世を教える事はないのではないでしょうか。

中山みき様の神通力は凄かったようですが、私的には国安仙人が一番だろうなと思ってしまいます。それ程、本当の意味で凄まじい神仙の力を持った方だったようです。他にも長南年恵様もそれはそれは凄い方だったと思います。明治の時代には稀なる魂がご生誕していたようなのでその辺が神国日本なんだろうと思います。ある種の化物は出口王仁三郎聖師だと思います。

ナーラーヤナより

ありがとうございます

ナーラーヤナさん
まあ お返事が・・・! 鑑定のお忙しい中ありがとうございます
わたしもルッドラム初めて聴いた時はまさに高揚しました! 何でしょうね?!
過去世・・・占星術師の皆さんはきっと今続きを学んでるところと思ってます
て 過去世にこだわるわけではないですが折しも数日前ケイシーの本をいただいたところーーー転生の秘密 とかいう本です
そして中山みきさま牡羊座ラグナと・・・? 見直してみなくては 汗


なのはさん
自分は土星高揚していません ドシュタナ支配在住でヴィーパリータ 
D9ではラグナロードで3室 D10は4,5支配で7室減衰です
よく「あれ手伝って これやっといて」と仕事から来ました(ちょっと困った
手を使うことが好きだから土星期は自然の中で田畑や手作業のものづくりに
勤しんで・・・しあわせな時だったなあ と後から分かるものですね!

ナーラヤナ様

詳しくありがとうございます!

配置の良い土星は素晴らしい効果があるのですね。

土星を好きになれました。

ありがとうございます♡

みけねこさんへ

こんにちは。

みけねこさんは、過去世においてヴェーダに関りがあったのだろうと思ってしまいます。
そうでない場合は、ヴェーダはある種の特殊な音程なので好んで聴いているような事にはならないと思います。

私なども何故か最初からシヴァ神が気になって仕方がない存在でした。
そのため、シヴァ神のマントラであるルッドラムを聞いた時は大きな衝撃を感じました。

そのスズメさんは極めて清浄な聖なるスズメさんなのかもしれませんね。
ヴェーダを好むスズメさんとは素晴らしい性質を持っています。

インドは本当の意味で霊性の宝庫そのもので何生もかけない事には学び得る事はないと思います。

確かに日本にも聖なる存在の流れはあるのだと思います。
中山みきさまとは天理教の教祖になるようですね。
ウィキを見ると1798年6月2日の朝に生まれた事になるようです。

この場合ですが、情報的には幼少の頃からの慈悲深さと同情の心の篤さ、信仰熱心といった記述がありますので牡羊座ラグナで合っている事になるのではないでしょうか。

この場合、ラグナに9L木星が在住します。
月は9室に在住する事になるようです。
この辺が信仰熱心等に結び付く事になると思います。

ナーラーヤナより

なのはさんへ

こんにちは。

マハー土星期のネタでございますが、聖典を紐解くと
「マンダ( 土星) が 自己 の ウッチャ( 高 の 星位) に[ ある とき]、 自己 の クシェ-トラ( ラ-シ) に ある とき、 または 味方 の クシェ-トラ( ラ-シ) に ある とき、 ム-ラトリコ-ナ に[ ある とき]、 または バ-グヤ( 9 番) に[ ある とき]、[ ナヴァ] アンシャ( 九 分の 一 星座) の 次元 で トゥンガ( 高 の 星位) に[ ある とき]、 または[ ナヴァ] アンシャ の 次元 で 自己 の[ ラ-シ] に ある とき、さらに ドゥシュチクヤ( 3 番) に[ ある とき]、 そして ラ-バ( 11 番) に[ ある とき]、 王 よりの 尊敬 及び 威厳、 尊い 評判 と 富 の 獲得 が ある。 また 学問 の 議論 の 楽しみ を もたらす。」

情報的には土星は高揚、定座、ムーラトリコーナ、9室、ナヴァムシャで定座以上や高揚、3室や11室にある時に土星は本来の力を発揮する事になるようです。

マハー土星期の一般的な解釈ですが
1、土星のマハー・ダーシャの間、都市、村、または社会のある種の権威が獲得されるかもしれません。
2、民主的なコミュニティのリーダーになるかもしれません。
3、謙虚さ、知性、知識が強化され、慈善活動に傾倒し、芸術や工芸に熟練しています。
4、古い土地を手に入れることで幸福が得られるかもしれない。
5、人は乗り物や衣服や金や富に恵まれている。
6、神への信仰と寺院建設への関心が広がるかもしれない。
7、一家に名と名声をもたらすかもしれない。
8、家族の幸福、武勇の増進、旅が行われる。
9、動物、ラクダ、ロバ、ヤギ、鳥、老婦人、粗い穀物から利益が得られる場合があります。

良い配置の場合は、このような幸運に恵まれる事になるようです。
常に土星=老人などの影響を私は感じてしまいました。

土地にしても古い土地になるのが如何にも土星らしいのかなと思います。

ナーラーヤナより

戻りたい土星期を体験出来る方って
どのような土星をお持ちなのかな

やはり高揚しているのかしら

ヴェーダと小鳥とアートマの教え

言葉が重要な時期  まさにヴェーダ唱える日々です
10年前最初は伴奏のないインド音楽と思って好んで聴いていたんですが
それをヴェーダと後で知り もうずっとこればっかり聴いてます
小鳥もこの音が好きらしく山暮らし中は彼らも窓辺にやってきて聴いていました
練習してるといつも一緒に唱えるスズメも一羽いました 唱えるのをさぼってる日には催促するように窓辺でさえずって(ヴェーダ衰退を食い止める小さき者!

アートマヴィチャーラ・・・タットワマシですね
前に全然知られてないスワミの動画などあげてたのも興味深く見てました 
インドの精神世界奥深いです と言いつつも日本にもすごい方いますね 
中山みきさまなど個人的にとっても好きで彼女のチャート時刻修正してみたりして楽しんでます


みけねこさんへ

こんにちは。
コメント、ありがとうございました。

みけねこさんのコメントですが
★かのアディシャンカラは「知識だけが至福に導く」と言ったそうな
知識(ギャーナ)とはヴェーダですね

>アディシャンカラは短い生涯でしたが、師の人生を学ぶ事により、得るモノは非常に大きいと思います。また、知識(ギャーナ)も様々な物がありますが、最も重要な知識はアートマに関する知識なのかなと認識しています。

★傷だらけのマハー水星ダシャー中で、土星期に戻りたいと思うこと度々!
でも腐ってもラグナ水星、そしてアンタルケートゥの今
ドタバタな日常の中でヴェーダだけが本当に至福に導くものです。

>水星なので常に如何にして知性を正しい方向に向かわせるかがポイントになる周期だと思います。それと言葉が重要な時期でもあります。水星は理性と言葉を支配する惑星です。ヴェーダは聖仙達の人類への贈り物ですが、実はインドですらヴェーダはあまり唱えられていない現実があり、それにより、ヴェーダ自身の影響力が弱くなっているようです。

ナーラーヤナより

ヴェーダの恩寵

親愛なるナーラーヤナさん 更新うれしいです 
かのアディシャンカラは「知識だけが至福に導く」と言ったそうな
知識(ギャーナ)とはヴェーダですね

傷だらけのマハー水星ダシャー中で、土星期に戻りたいと思うこと度々!
でも腐ってもラグナ水星、そしてアンタルケートゥの今
ドタバタな日常の中でヴェーダだけが本当に至福に導くものです

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。