インド占星術 為替相場と株価相場ともに動乱状態に

マンデーン占星術
03 /09 2020
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
コロナが真剣に気になる方は健康に関連する分析をお勧め致します。
今のダシャーコロナに罹りやすいのかどうかを知る事が出来ます
↓↓↓
ジョーティシュはリスク管理に優れている再現性のある教えです

今現在、コロナの影響で世界的に致命的な状況になりつつあります。

日本の場合ですが
ドル円日足チャート
キャプチャ
チャートを拡大して見ると分かりますが、天井が2月20日で112.22レベルだったようですが、今は103円の後半で推移しています。

ドル円の心理的説目は105円だったのですが、本日の朝一で簡単に下抜けしています。月足レベルでの強いサポートレベルは104円台の前半に合ったのですがそれすらも簡単に下抜けしている恐ろしいまでの下落相場になっています。

相場に関連した情報によるとイタリアで致命的な状況になっています。
抜粋しますと

イタリア政府による政令
週末土曜日の時点で、コロナ感染による死者が 230人、感染者数 5883人となったイタリア。政府は週明けにも政令を制定し、北イタリアに住む1600万人を対象に隔離するそうです。期間は、4月3日まで。

1600万人の内訳は、ロンバルディア州全体が1000万人、そしてイタリア北部と東部の11州 600万人となっています。イタリア全体の人口は約6100万人ですので、イタリア全体の4分の1の人が隔離と言うことになります。

完全閉鎖対象としては、ナイトクラブ、ジム、プール、美術館、スキー場。レストランとカフェは営業可能ですが、席と席の間は、1メートル離すようにする。その地域に住む人は緊急時以外、家に滞在すること。これを破った人は、3カ月の投獄。

イタリア北部は国のGDPの55%を占めており、この地域の経済が完全にストップしてしまうということは、イタリア経済そのものがストップするという意味がある。



続いては、日経225CFDの日足チャート
キャプチャ

端的に日経平均の心理的節目は20.000円になるので日本的にはこのゾーンを絶対死守する必要があるのですが、割れてしまっているようです。日経平均は24,000円の壁を3度も弾かれて今はコロナで20.000円ゾーンが破られようとしているようです。

コロナの感染レベルですが
キャプチャ

円相場と日経平均相場を見てトランジットが本気を出したのはT火星が射手座に入室してからになるようです。T火星が射手座に入室した日時は2月8日の午前になっていました。
キャプチャ
このトランジットにより、二大凶星トランジットの影響が日本の4室、特に8室に強く作用している状態が続いています。今の状況が解除されるにはトランジット的には二大凶星の影響がキャンセルされる必要が出てくるようです。

深い意味での総合の鑑定依頼をお待ちしております。インド占星術の分析は魂の性質を読み解く作業でもあり、過去の行為自体は常に受け継ぐ性質があります。
↓↓↓
インド占星術による総合の有料鑑定であなたの全てを知りましょう
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。