インド占星術 コロナと長期戦

インド占星術関連情報
03 /29 2020
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
毎日、コロナ関連情報ばかりですが、最新の情報によりますと
キャプチャ
東京都に関して言いますと、T火星が山羊座に入室(3月22日)してから感染者が拡大傾向に拍車がかかっている事になります。

トランジット的に二大凶星の接合は著しく、日本コロナウイルスの害を及ぼしている事になるようです。昨日の夜に安倍総理は記者会見を開きましたが、安倍総理はコロナウイルスとの戦いは長期戦を覚悟する必要があると示唆。

どの程度の長期戦を意識しているのかは不明ですが、トランジット的に見て
キャプチャ
惑星的に見て細菌・ウイルスを支配してムーラのナクシャトラを通過中のTケートゥがジェースタ入りする9月20日までを意識する必要がある可能性が高まりつつあるようです。火の星座はウイルスが広まるのが証明されていますが、水の星座ならウイルスが広まるには限度が出てきます。何より、固着の水星座では空間が狭すぎます。

日本は3月22日にT火星が山羊座に入室してからコロナウイルスが目に見えて拡大傾向にありますが、次のトランジットの大きなイベントは3月30日が意識される事になります。

この日にT木星が自室射手座を離れる事により、ウイルスのケートゥが野放しになりますが、T木星は山羊座に入る事により、木星は物質性に染まる事により減衰しますが、相当長い期間、ヴァルゴッタマという状態を保つ事になります。この状態を一度も途切れることなく、維持していずれは再び、射手座に戻る事になります。

3月30日以降、世界のコロナウイルスの様相が重要になります。日本自体はこの日前後にアンタル以下のダシャーが2、3室を支配して10室乙女座に在住し、12室、4室、7室にアスペクトする土星の影響が強まる事になります。

深い意味での総合の鑑定依頼をお待ちしております。インド占星術の分析は魂の性質を読み解く作業でもあり、過去の行為自体は常に受け継ぐ性質があります。
↓↓↓
インド占星術による総合の有料鑑定であなたの全てを知りましょう
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。