インド占星術 コロナとトランジット惑星

インド占星術関連情報
04 /03 2020
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
日々、人類は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を強度に受けていますが、今現在の東京都の現状ですが

キャプチャ
累計の青線を見ると上昇スピードが高まっており、昨日(4月2日)は97人の感染者数を出して過去最高を更新中となっているようです。

この推移はT火星がT土星と接合した3月22日より強い影響が出るようになりました。この「T土星+T火星」の影響が消える日が2020年05月05日 00:09:43になります。

今日は4月3日ですが、ジョーティシュ的な2020年05月05日までのトランジットのイベントは
・2020年04月07日 17:53:27 in TokyoにT水星が魚座に移動する事により、減衰配置になります。これにより、水星の減衰と木星の減衰の時期に入る事になります。水星と木星、その支配する星座が弱る可能性。

・2020年04月13日 23:52:51 in TokyoにT太陽が牡羊座に移動する事により、高揚配置になります。これにより、太陽の高揚、火星の高揚の時期に入ります。太陽と火星、その支配する星座が強まる可能性。

世界は4月13日から火の惑星が非常に強い高揚の時期に入る事になるようです。多数のインド人の占星術師は太陽がアシュビニーナクシャトラでヴァルゴッタマの高揚の時期にワクチン開発に光という事を考えているようなのですが

日本の知恵者である山中先生のサイトによると→山中伸弥教授による新型コロナウイルス情報発信
ワクチンと治療薬について

ワクチンの開発には1年は要する見込みです。アビガン等の既存薬が期待されていますが、副作用も心配されます。新型コロナウイルスの特性に応じた治療薬の開発が緊急の課題です。アメリカ等でワクチンや治療薬が開発されても、日本への供給は遅れたり、高額になる可能性もあります。産官学が協力し、国産のワクチンと治療薬の開発に全力で取り組むべきです。


ここに書かれている「ワクチンの開発には1年」の方が現実的な答えの可能性が高い事が予想されます。

改めて新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流れをウィキペディアで見ると

発見
新型コロナウイルスは、2019年11月に発生が確認され、同年12月31日に最初に世界保健機関 (WHO) に報告された。その後2019年から翌2020年にかけて発生した中国武漢でのアウトブレイクにおいて肺炎患者の核酸検査陽性患者サンプルにより、ゲノム配列が決定された。

2020年1月20日、病原体を調査している中国・国家衛生健康委員会 (NHC) 専門家の鍾南山グループ長は、広東省でヒトからヒトへの感染(ヒト - ヒト感染)が確認されたと発表した。新しいコロナウイルスに対する特定の治療法はないが、既存の抗ウイルス薬を流用することはできるとしている。


この記事には三つの時期が載っているようです。

それは
1、新型コロナの確認は2019年11月。
2、世界保健機関 (WHO) に報告は12月31日。
3、2020年1月20日にヒトからヒトへの感染(ヒト - ヒト感染)が確認されたと発表。

これを見ると新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は2019年11月が鍵になりますが、その時期にT木星が19番目のムーラナクシャトラに入室した時期になります。詳細な日時は
キャプチャ
このチャート図がある種の新型コロナの始原図になる可能性が高いです。

次に世界保健機関 (WHO) に報告は12月31日でしたが、その数日前に世界では皆既日食が射手座で起きた事になります。ナクシャトラ的には19番目のムーラナクシャトラの日食になります。
キャプチャ
この日の日食は四つのトランジット惑星が19番目のムーラナクシャトラを通過中となっていました。
呼吸器系を司る水星
肺を司る月
生命力をもたらす太陽
ジーヴァカラカと言われる木星

キャプチャ

次にヒト - ヒト感染確認ですが、中国が2020年1月23日に武漢市の人の出入りの制限を始めました。

1月23日の次の日にT土星は山羊座に移動した日になります。
日本時間で見ると
キャプチャ
端的に中国のラグナは山羊座ラグナですが、T土星が死の度数(29度~0度の間)の時期に感染者が多い武漢市を完全封鎖をした事になるようです。

今の流れは
キャプチャ
3月18日から3月31日までのデータを見ると加速度的に感染者が増加している事がデータに示されているようです。

この新型コロナは星座的には双子座射手座を意識する必要があり、惑星的にはムーラを通過中のケートゥが重要ですが、何よりラーフから見た土星の配置、ケートゥから見た土星の配置が厳しいので緩和される必要がありそうです。

深い意味での総合の鑑定依頼をお待ちしております。インド占星術の分析は魂の性質を読み解く作業でもあり、過去の行為自体は常に受け継ぐ性質があります。
↓↓↓
インド占星術による総合の有料鑑定であなたの全てを知りましょう
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。