インド占星術 緊急事態宣言と智慧と知性が同時に減衰する日

インド占星術関連情報
04 /06 2020
親愛なる読者の皆様、今晩は。
最新のコロナ関連の情報ですが、緊急事態宣言 あすにも宣言へ 7都府県1か月程度で 安倍首相

一部抜粋ですが

新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」について、安倍総理大臣は記者団に対し、東京など7都府県を対象に1か月程度行いたいとして、7日にも宣言を行う考えを明らかにしました。7都府県は、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡です。



明日は4月7日ですが、トランジット的に何があるかと言いますと
キャプチャ
トランジット的に2020年4月7日 17時53分27秒にT水星が減衰する魚座に移動します。そのような日のタイミングでの緊急事態宣言。2020年4月7日 17時53分27秒から2020年04月25日 06:04:39までトランジットは知恵の木星は既に減衰ですが、知性の水星が減衰状態に突入します。

阿倍総理はそのような日を選んでの緊急事態宣言をするようです。
その時間帯のナクシャトラロード的には
キャプチャ
私が見た感じでは、トランジットのナクシャトラロードで最も重要なのは主に四つです。それはT土星、Tラーフ、Tケートゥ、T木星のナクシャトラロードになります。これは影響する期間の長さに由来しています。

キャプチャ
Tラーフのサブロードを見るとやはりラーフが支配星になっているのでこの時期はどうしてもラーフの影響が世界を覆っている事になりそうです。

一か月後の5月7日 0:00:00でナクシャトラロードを見ると
キャプチャ
見るとTラーフのナクシャトラロードが未知の病をもたらすアールドラーから一つ前のムルガシラスに変化している事です。これは、かなり良好な兆しですが、ウイルスを意味するTケートゥ自体は自室のムーラ領域をその時点でも通過中である事に変わりなく、T土星、T木星も共にウッタラ・アシャーダを通過中ということ自体に変化はないようです。

5月7日時点では山羊座でT土星とT火星のダブルトランジットは解除されている事になり、山羊座と蟹座への影響が消えている事になるようです。

深い意味での総合の鑑定依頼をお待ちしております。インド占星術の分析は魂の性質を読み解く作業でもあり、過去の行為自体は常に受け継ぐ性質があります。
↓↓↓
インド占星術による総合の有料鑑定であなたの全てを知りましょう
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。