インド占星術 45年ぶりと良いダシャーの組み合わせ

マンデーン占星術
06 /17 2020
親愛なる読者の皆様、今晩は。
常々書いていますが、私がジョーティシュを学んだ動機はリスク管理のみでした。

国にとって最大のリスクは私には戦争に思えてしまいます。
情報によるとインドと中国、国境付近で衝突 インド兵20人以上死亡か
一部抜粋ですが

インド当局は16日、中国と国境を争うヒマラヤ山脈地帯で両国軍が衝突し、インド兵が少なくとも20人死亡したと発表した。

両国軍の衝突で死者が出たのは、過去45年以上で初めて。このところ両国の緊張が高まっていた。

インド外務省は、ガルワン渓谷の実効支配線(LAC)を順守するとした先週の合意を、中国が破ったとしている。

BBCのジェイムズ・ロビンズ外交担当編集委員は、核保有国同士の衝突は極めて深刻なだけに、全面紛争に陥るのを防ぐ国際社会の圧力が高まるとしている。

BBCインド・オンラインのスーティク・ビスワス編集委員は、今回の衝突で、インド国内における反中国の国民感情が再び高まるだろうとみている。また、新型コロナウイルス対策に苦戦するナレンドラ・モディ首相は、外交と安全保障の難問を突きつけられた格好だと説明した。


私は戦争に関するロジックは日本の過去の戦争のロジックを調べたので分かっているつもりですが、ジョーティシュの最大の武器はダシャーだと私は認識しています。他の部分はその分野の手練れの先生がいる場合、読みが同等かもしれませんが、惑星周期のダシャー期の機能は侮れません。

そのダシャーの解釈は三つあります。それは
a) 良い ダシャー
b) 悪い ダシャー
c) 良 悪 混合 の ダシャー


私のいうリスク管理は悪い ダシャー の時期を先読みして対処する事にあります。
良いダシャーのロジックは最低でも14程度あると言われているのですが
1、ラクシュミー・スターナ( 繁栄 を もたらす ハウス) と 呼ば れる 5 室 と 9 室 を 支配 する 惑星 の 役割。

単純な話ですが、5室の支配星のダシャー期、9室の支配星のダシャー期は基本的に良い ダシャー 期に分類されます。

そのような情報を知りつつ、中国の今のダシャーですが
キャプチャ
今現在の中国のダシャーは水星ー水星ー金星期になるようです。

支配星的に見ると
マハー水星は9室の支配星
アンタル水星は9室の支配星
プラティアンタルの金星は5室の支配星。


このようなダシャー期に両国軍の衝突で死者が出たのは、過去45年以上で初めてらしい。逆にインドの建国図を分析するとまた違う事が分かる可能性があると思います。

鑑定依頼をお待ちしております。
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。