インド占星術 日食の過ごし方

インド占星術関連情報
06 /19 2020
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
今度の日曜日は日本だと部分日食が起きるようですが

インド的な日食の過ごし方を見ると

禁止事項
通常、日食の間、太陽と月の光線はヒンドゥー教の聖典と科学者の両方によると有害であるため、肉眼で直接見ないことをお勧めします。日食の間に調理された食物は非常に速く腐敗するので日食の間は何も食べたり飲んだりしないでください。妊娠中の女性は日食の光線にさらされないように強くお勧めします。日食中の旅行は避けてください。日食時間中の重要な取引は避ける。この時間帯のセックスは避けてください。

対処法
日食の時期は神を崇拝するのに絶好の時期です。経典を繰り返し唱える、または日食時に行われるすべてのマントラの詠唱またはプージャは、通常の日よりも何倍も多くの結果をもたらします。どんな慈善もあなたによい利益を与えます。日食が終わったらお風呂に入って、そのときだけ食べたり飲んだりしてください。


単純に読むと日食が起きている時間帯は、ひたすら神への想いに耽る事が何より多くの良い結果をもたらします。日食の光線自体は確実に有害とされているので間違っても肉眼で直接見ないことが重要になります。

日食は肉眼で直接見ないことです。
日食は肉眼で直接見ないことです。
日食は肉眼で直接見ないことです。


リスクのある行為なので念押しの為に三度書いています。
大人しく家に籠って神のマントラを唱えるのが無難そうです。

鑑定依頼をお待ちしております。
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。