インド占星術 土星の影響

土星
08 /11 2020
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
土星の影響について調べていました。

土星の象意ですが、簡単に見て
土星–規律、義務、日々の仕事、ハードワーク、限界、境界、現実、実用性、仕事とキャリアのカラカ、分離、寒さ、厳しい、遅さ、反復性、正統性、老人・物・習慣、悲嘆、不幸、困難なもの、圧力、問題、隔離、召使い、奉仕、自然への奉仕、抑うつ、忍耐、回復力、地に足の着いた自然、審判、以前の生活からの日常活動、保存、研究/科学、深さと洞察力、工学などの技術的な問題、工場、鉱業、石炭、レンガ/モルタル、暗闇/盲目、絶望、暗闇、失明、足首、膝、足、大腸、入院の兆候、隔離、風元素の要素。

言える事は常に現実であり、その現実は義務や責任、規律が伴う。その世界に立つ向かうために日々の仕事をハードワークに出来るだけ限界までこなしつつ、大事なのは規律と義務にある。その結果、厳格無比な先生が誕生する。

この影響、マハーダシャーの場合、1室、4室、8室、12室は良くないという。キャンセル条件は、天秤座在住、山羊座在住、水瓶座在住等になるようです。

また、D1で火星ラーフと8度以内の接合がある場合、そのダシャー期は相当悪い結果をもたらすという。

また、土星は牡羊座、蟹座、獅子座、蠍座のサインで激昂していると感じており、これらのサインでより多くの遅延と闘争を与える傾向がある。

接合に関しては、8度以内(燃焼を引き起こす)でない限り、それほど悪くありません。通常、そのような人々は義務を真剣に受け止め、規律ある性格を持っています。土星は、チャートで火星ラーフ、またはケートゥと密接に関連している場合、非常に否定的です。

書いていて思うのは、やはり非常に土星は責任ある惑星だという事。土星で少しだけ書きますと、土星は山羊座と水瓶座を支配しています。これはゾディアック的に10室、11室を支配している事になります。10室はキャリアのハウスです。11室はその収益のハウスです。そのため、土星は私たちのキャリアと収入に最大限の発言力がある事を意味しています。

そのため、上記の象意の最初の部分に規律、義務、日々の仕事、ハードワーク等が出てくる事になります。これは主に仕事面に関する事を意味しています。土星は常に、常に、常にハードワークを求めます。この場合、快楽思考で生きている人々には「鬼」のように思えてしまう可能性があると思います。現実には厳格な先生ですが。この先生は自分にも厳しいので手を抜く事にはならないようです。それがグルである木星との違いです。

鑑定依頼をお待ちしております。
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。