インド占星術 10Lが8H

インド占星術関連情報
08 /19 2020
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
チャートは深い探求心を掻き立てますが、10Lはいつでも仕事に関りを持つ支配星の一つ。

キャプチャ
ネタとしては10Lが8Hのチャートを見ていました。AmK太陽は10Lと8室で非常に近い接合状態にあるようです。

太陽は最も規則正しい惑星ですが、変容・突発的な事象の8室に在住する場合、その規則正しさが失われる事になります。このチャートの男性は
365日24時間、決まった労働時間がない、時には予想外の転勤がある」となるようです。

金星のナクシャトラは最後のナクシャトラレーヴァティの第三パダなのでナヴァムシャの金星は水瓶座になります。これは最後から二番目のパダです。

レーヴァティは、27番目のナクシャトラで惑星水星が支配します。これは夢想家のナクシャトラです。Rev-は「移動する」「行く」という意味で、-atiは「超越する」「超える」という意味です。レーヴァティは、超越的な魚座を通して、一つのサイクルの終わりを新しいサイクルに結びつけます。このナクシャトラのシンボルは魚のペアで、これは魚座の魚の象徴である2匹の魚の象徴に加えられています。これは最後のナクシャトラであるため、終わり、何かの完成、時間の最終的なものを支配しています。レヴァティは神聖な母の偉大な子宮であり、終わりと同時に新しい始まりを示します。レヴァティは「富める」、「王家」、「輝くもの」と訳され、あらゆるレベルでの豊かさや繁栄と結びついています。

このナクシャトラには「移動する」「行く」や「超越する」「超える」という意味があるようです。この金星は3室と10室を支配して8室に在住し、ナクシャトラ的には「移動する」「行く」や「超越する」「超える」という意味に繋がるようです。レーヴァティの元素は空です。

この不規則に勤務する男性の仕事はパイロットになります。10LとAmKが空元素に関わるので空軍のパイロットになります。

鑑定依頼をお待ちしております。
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。