インド占星術 パンチャコーシャ

神秘学
08 /21 2020
親愛なる読者の皆様、今晩は。
日々、あくまでもコツコツですが、主に聖仙に基づいた教えを学んでいますが、突き詰めると人は「アートマ」を悟る必要があると言います。

アートマとは本当の自分を意味する真我を意味します。ですが、アートマは、パンチャコーシャに覆われてしまっているのでそれを取り除く必要があると言われています。逆に言うと人間は、パンチャコーシャを取り除かない限りは、永遠にアートマを悟る事は不可になります。

パンチャとは五つを意味し、コーシャとは、鞘、入れ物、覆いを意味します。パンチャコーシャとは五つの鞘という意味になります。

霊的なあちらの言葉でパンチャコーシャ
アンナマヤコーシャ
プラーナマーヤコーシャ
マノーマヤコーシャ
ヴィグニャーナマヤコーシャ
アーナンダマヤコーシャ
になります。

アンナマヤコーシャは単純に肉体そのものです。プラーナマーヤコーシャとマノーマヤコーシャとヴィグニャーナマヤコーシャはアストラル体、または微細体に関係しており、アーナンダマヤコーシャは原因体に関係しています。

この五つの体ですが、アンナマヤコーシャは食物で出来ているので食物鞘とも呼ばれていますが、快楽の住処でもあるのでボーガーヤタナムとも呼ばれています。

ジョーティシュ的に重要なのは心なのでマノーマヤコーシャ(心理鞘)が重要になります。マノーマヤコーシャが具体的に何かと言うとグニャーネンドリヤ(五つの知覚器官である耳、肌、目、舌、鼻)と心(マナス)を加えたモノになります。グニャーネンドリヤは道具になり、マノーマヤコーシャは一つ前の体であるプラーナマーヤコーシャの内側にあります。

このパンチャコーシャを熟知する事により、霊性修行とは何かを知る事になります。
端的にアンナマヤコーシャは肉体の浄化に関係し、
プラーナマーヤコーシャは生気のコントロールに関係し、
マノーマヤコーシャはマナスのコントロールに関係します。

霊性修行とは一つ一つ、パンチャコーシャの深みに入る事を意味しますが、基本的にグルがいない場合、個人での霊性修行の限度は、マノーマヤコーシャまでの修行が限界地点になってしまいます。

鑑定依頼をお待ちしております。
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。