インド占星術 マントラ

マントラ
08 /22 2020
親愛なる読者の皆様、今晩は。
現代はカリユガの時代なので何よりマントラジャパ(唱名)が重要になります。時代的にはラーフの影響が濃厚に出ています。

そもそもですが、マントラとは何でしょうか?「マ」はマナナ(反芻する事)を、「トラ」は救う事を意味します。そのため、マントラとは、それを瞑想すれば救ってくれるものという意味になります。

ちなみにヴェーダには多数のマントラがありますが、至高のマントラはプラナヴァだという事を深く認識する必要があります。そのため、どのようなマントラを唱える時でも、最初にプラナヴァを唱える必要があります。プラナヴァとはオームであり、全てのマントラの頭部であり、王冠です。

マントラ自体は、イシタデーヴァターのマントラを唱えると効用がある筈です。そのためにジョーティシュが利用される事になります。

鑑定依頼をお待ちしております。
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。