インド占星術 連続100日超!

マンデーン占星術
09 /21 2020
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
私は色々と日本ダシャーを見ているのですが、日本の事で気になる記事があるのですが
これで中国・習近平も青ざめる…連日の尖閣侵入に日本の「鬼の怒り」を見せる方法

情報によると

コロナ禍の前後から、中国の傲岸な振る舞いが世界各地で摩擦を引き起こしている。香港、台湾、インド、南シナ海など主に国境付近で危険な挑発行為を連発。沖縄・尖閣諸島もその場の一つで、日本にとって不愉快な事例が日に日に増加している。

中国は4月14日、尖閣周辺に武装公船を派遣して以来、毎日同様の行為を繰り返し、7月22日に連続100日を突破した。これは2013年9月の尖閣諸島の国有化以降、最長の連続日数である。6月には尖閣沖に中国海警局の船が侵入、日本の漁船に接近、追尾するなどした揚げ句に「日本側に中国の主権を侵す行為を直ちに停止するよう求める」「この問題で新たな争いごとを作り出さないようにし、実際の行動で東シナ海情勢の安定を守るよう求める」と、逆に日本を批判した。


情報を見ると中国は沖縄・尖閣諸島で危険な挑発行為を連発。中国は隣国の国であり、尖閣諸島は日本の土地という事になりますが、それに危険な挑発行為を繰り返している事になるようです。

時期としては、4月14日からだったらしい。
情報的には
・隣国の中国
・主に国境付近で危険な挑発行為。
・戦場は主に海。


日本のダシャーですが
Me-Sa期 2020年03月(67歳)~2022年12月(70歳)
Me-Sa-Sa:2020年03月29日(67歳)
Me-Sa-Me:2020年09月01日(68歳)


見ると日本のダシャーは水星ー土星ー土星期の時期だった事になり、土星の影響が最も活発化している時期という事になります。ちなみに中国のラグナは山羊座ラグナ。土星自体が中国を意味する事を理解する必要があります。また、土星が絡む事は長引く事、または根が深い事を理解する必要がある。

次に日本の建国図は
キャプチャ
この問題は隣国中国と日本の問題だという事になりますが、マンデン占星術で隣国は3室が関与すると記憶していますが、土星は3室の影響があるのでしょうか?

チャート的には土星は3室を支配して国土を意味する水星座の4室にアスペクト。そのハウスにはマハーロードの水星が在住。マハーロードから見ると水星は4室国土を支配していますが、水星は3L隣国の金星と合です。土星は4室国土にアスペクトしつつ、4L水星にアスペクト。同時に3L金星との強い繋がりが生じている事になるようです。

この場合、4室の深い部分は7室も関わる事を理解する必要がある。単純な話ですが、中国は4月14日から連続100日以上も尖閣周辺に武装公船が危険な挑発行為を連発とありますが、それが起きたダシャー期とは土星が強い時期だった事が判明した事になります。

日本の土星はハスタです。
ハスタの意味は手です。
特に握られた手を意味する。
これは掴む行為に繋がります。

鑑定依頼をお待ちしております。
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。