インド占星術 海軍

天秤座ラグナ
10 /03 2020
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
何気に人の人生で軍隊に交わりを持つような時期は、軍関連の専門的な仕事をしている人以外は、おそらくですが、戦いの火星が絡む時期の可能性が高い。

火星の象意は
エネルギー、強さ、情熱、野心、勇気、ダイナミズム、攻撃、冒険、力、競争力、突然のエネルギー、または銃/銃/爆弾/爆発、スポーツマン、警察官、陸軍/海軍要員、外科医などのイベント、司令官、権威ある地位、若い兄弟(特に弟)の意味、事故、負傷、負傷/手術、エンジン/機械、固定/着陸物件、特に住宅/大邸宅、筋肉、鼻、骨髄/ヘモグロビン、代謝率、生殖男性のための器官、沸騰/にきび、火の要素。

軍の場合、陸軍海軍が含まれる事になる。軍の性質は火星が関わる可能性が高い。
キャプチャ
ある人のチャートですが、火星の性質を見ると乙女座在住のハスタの火星となる。
乙女座は水星が支配する。
ハスタは月が支配する。
この火星は火星+水星+月となる。

火星自体は他の影響はなく、木星星座には全ての影響を与え、牡羊座にアスペクトバックしている。火星は月と木星に影響を与えている。一般の人が兵役につく状態になったダシャー期ですが、マハー月期だった模様です。この場合、月に対する火星の影響は、火星のナクシャトラロードは月です。月は火星のアスペクトが働く。

当たり前のように火星が関わっていましたが、直接的な月の組み合わせは3-6-10で3室が強調される時期でした。彼の月はプールヴァ・アシャーダーなのでナクシャトラロードは金星です。月も金星も共に水元素の惑星。水なので海軍に関わる事になります。

鑑定依頼をお待ちしております。
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。