インド占星術 人間の根源の三属性

インド占星術関連情報
10 /15 2020
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
日々、聖仙に関わるような書物を読んでいるのですが、その中に人間の属性に関する事が書いてありました。

これは、ヴェーダ(天啓)に関わった聖仙達が考えた人間の性質になりますが、人間には明確に三つの属性があります。

それは
サトワ(浄性、純性)
ラジャス(動性、激性)
タマス(暗性、鈍性)


ここからがポイントですが、人の人生に急激な変化が生じるのは、三つの属性の一つが急激に強くなる事により、アンバランスが生じる事になると書かれていました。通常の場合は、三つの属性がバランスよく混じり合っているのですが、一つの属性が急激に強くなってしまうとエネルギーにアンバランスが生じる事によって人生が激変してしまうようです。

親愛なる読者の皆様で急激な人生の変化を体験している時期は全て三つのエネルギー(トリグナ)的には一つのエネルギーの暴走により、生じている事が決まっているようです。

私の場合は何より実証主義者なので実例を好みます。実例の場合、人物にすると個人情報的に問題になりますが、日本を事例にすると大きな流れそのものを見通せる事になります。日本人の場合は、日本船という大船に乗って人生を航海している事になります。

そのため、日本船の航路図を常に把握している必要がありますが、上記の三つの属性の一つが急激に強くなる時期とはどのような時期に生じるかですが、今年の場合、T土星の影響が凄まじい影響をもたらした事が分かりますが、土星は遅延なので土星には基本的に時差が生じる事が読み取れます。

T土星の影響は常に時差=遅延を考慮する必要があるようです。トランジット的にT土星の影響が非常に強まった時期は日本時間で1月24日からの事になります。

通常、土星のエネルギーはトリグナ(三属性)で分類するとタマスですが、自室に在住する土星は格上げされ、ラジャスのエネルギーに変換される事になります。このようにトリグナ(三属性)は本人の努力次第で変換する事が可能であり、このために必ずしも凶星が全て悪い事にはならない事になりますが、土星が頑張ってもサトワになるような事をわたしは見た事がない。

日本のT土星の場合、タマスから変換されたラジャスのエネルギーが非常に強まる配置に移動したのは1月24日でしたが、今年の新型コロナが騒がれ始めたのは1月ではない事は読者の皆様が実際に体験したのですから体感として理解できるはずです。情報としては出始めましたが、これほどの影響を考慮した人は殆ど誰もいなかったはずです。

これは最も遅い土星のエネルギーはハウスに満ちるのに非常に時間がかかるので影響が出るのに時間がかかる事を意味しているからです。ただし、一旦土星のエネルギーが浸透してしまうとその影響を取り除くのは細かい部分にまで浸透しているので長い時間がかかる事を意味しています。

五元素で考えると土星は風元素という事を理解する必要があります。空間レベルで見ると空(木星)の次に拡大する元素を有しています。

ここで重要になるのは惑星周期のダシャーになります。T土星が非常に強い時期(今後数年続き、今年は太陽がやられる年)に土星のダシャーが巡ってくるとダイレクトにそれに関わるハウスなどの影響を受ける事になります。

日本の場合は、2室が特に強い影響が生じ、4室、8室、11室に影響がもたらされた事になります。2室、11室に8室が関わるのでお金に関する事に突発的な悪い変化が起きた事が後講釈で判明しています。

日本のダシャーの場合、
Me-Sa-Sa:2020年03月29日(67歳)
Me-Sa-Me:2020年09月01日(68歳)
Me-Sa-Ke:2021年01月18日(68歳)
Me-Sa-Ve:2021年03月17日(68歳)


一つの目安として今年の4月頃にはアンタル以下のダシャー期が土星期に変化した時期になります。今年は本当の意味で土星が強い時期ですが、エネルギー的には保守的なエネルギーが非常に強く、老人が活躍できる時期でもありますが、4月に土星の影響がダイレクトに強くなったと同時に日本は

2020年4月7日 当初緊急事態宣言
2020年4月7日、安倍新型コロナウイルス感染症対策本部長(内閣総理大臣)が、特措法第32条第1項に基づき、緊急事態宣言 を発出(新型インフルエンザ等緊急事態が発生した旨を宣言)。


今年の日本は日本の歴史で考えても100年スパンで見ても非常に劇的な時期だったのですが、それは、三つの属性の一つであるラジャスが劇的に強まった事が主な原因という事になり、土星は本質的にタマスの惑星なのでこの変化は人類には多大な苦悩をもたらした事になってしまいました。

それでも土星は厳しい先生なのでこの苦難は人生の学びとしては貴重な体験になります。それが他の凶星との違いだろうと思います。ラーフの苦難は苦しいだけで学びや癒しをもたらす事があまりないという現実を突きつけられる事になります。

あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。