インド占星術 土星のトランジット

土星
11 /01 2020
親愛なる読者の皆様、今晩は。
土星トランジット12室の影響を見ていました。

簡単に書きますと注意点として
・入院、刑務所、または亡命
・心身の健康問題
・低エネルギー
・絶望


入院や心身の健康問題等は、ラーシチャートの12室に敵対の太陽・月・火星等が在住する場合、一段とその事象が現象化する可能性がありそうです。何気に絶望は、今年なら自殺に繋がりそうで真面目に怖いと感じます。このような状況もグルのアスペクトがあれば救われるのでグルの凄さを感じてしまいます。これは9室の影響でも代用が可能。

それと12室のT土星とは
・過去を手放す
・瞑想することを学ぶ
・自分の魂や真の自分との出会い
・リトリートや休暇に行く
・心と体を癒す


基本的には自分の内面を見つける時期、または内面を学ぶ時期にすると大いなる成長が見込める時期になりやすいようです。エネルギー自体は心身ともに低下するのは確実なので外面より内面の充実をお勧めします。

鑑定その1、2021年前後の未来のダシャーが知りたい場合の鑑定案内です。詳細は
↓↓↓
インド占星術 少し早いですが、来年のご自身のダシャーを深く知りましょう。


鑑定その2、様々な鑑定内容が知りたい場合の情報です。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。