インド占星術 行為の差し引き計算

神秘学
11 /12 2020
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
私は、ジョーティッシュを知るようになってから行為カルマ)の深い意味での真実の原理をいつも知りたいと思っています。

行為カルマ)についてある人はこのように考えます。人は善い事も悪い事もします。善行は、悪行による悪果を無効にしてはくれないのかどうか?少なくとも、この二つは、お互いに差し引き清算をしていないのかどうか?言い換えると、善い行いは、誤った行いによる悪い結果を取り消してくれるのかどうか?

私が知る情報の答えは、
神は最高の聖なる会計士です。神の貸借対照表は、善行善果、悪行悪果といった具合に、その人が自分の行為の結果に直面するようにします。神はどのような行いの結果にも足し引きをしない。

この場合、ダシャーを見て
パーパ(罪)
シャーパ(呪い)
ターパ(苦しみ)


ここにある俗に言うアリシュタヨガが発動するダシャー期の時期、救われないのかどうか?

端的に少なくともパーパとシャーパについては、神の恩寵によりキャンセルされると明確に聖典に書かれています。ターパ(苦しみ)は残りますが、二つは神の琴線に触れさえすればキャンセルされる事が決まります。

神の恩寵を得るには他力ではなく、自力でバクティをする以外に方法は存在しません。バクティとは神への信愛を意味します。この部分は自分自身と神との愛の関係なので全ては自身のバクティ次第になります。

本質的に悪いカルマはお金による他力などを意味するプージャやヤグナなどではなく、神の恩寵を勝ち取るバクティヨガに勝るものはない事を人は理解する必要があります。インド人はそれでお金儲けをしている事になってしまいます。

また、行為自体は差し引きされることなく、自身に降りかかる事を意味します。そのため、私も親愛なる読者の皆様もやるべき行為は出来るだけ善行(プーニャ)のみが無難となりそうです。過去の行為の懺悔は、神の恩寵により、燃やし尽くされる可能性があります。そのため、ジョーティッシュはインド人に神への信仰(バクティ)への架け橋の役割を果たしています。日本人の場合は、人生の流れを知るための道具になっている傾向が強いです。

鑑定その1、2021年前後の未来のダシャーが知りたい場合の鑑定案内です。詳細は
↓↓↓
インド占星術 少し早いですが、来年のご自身のダシャーを深く知りましょう。


鑑定その2、様々な鑑定内容が知りたい場合の情報です。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。