インド占星術 緊急事態宣言

マンデーン占星術
11 /29 2020
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
最新の新型コロナウイルスの感染情報を見ると日本の第3波のピークが見えない状態が続いている模様です。

具体的には
キャプチャ
状況的にここままだと最悪的には4月の緊急事態宣言が再び発令される可能性を秘めた感染状況が続いています。

前回の緊急事態宣言ですが、調べると
安倍総理大臣は2020年4月7日に東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県に緊急事態宣言を行い、4月16日に対象を全国に拡大しました。

前回は、4月7日に部分的な緊急事態宣言を行い、4月16日には全国拡大でした。4月7日や4月16日の日本のスークシュマレベルのダシャーですが、どちらも水星ー土星ー土星ー土星期となっていました。

これは、日本の事例でしかないですが、乙女座の10室に在住する土星が強まった時にその時の総理大臣が緊急事態宣言をする模様です。

今の日本のサブサブダシャーまで見ると
Me-Sa-Me:2020年09月01日(68歳)
Me-Sa-Ke:2021年01月18日(68歳)
Me-Sa-Ve:2021年03月17日(68歳)
Me-Sa-Su:2021年08月28日(69歳)

見ると減衰水星が強まった時期に第3波が到来して強い感染レベルになりつつある模様です。正直、土星の激しい規制の方が新型コロナウイルスを抑え込めていた事になります。

来年の1月下旬頃にはサブサブダシャーがウイルスを意味するケートゥ期が到来です。
D1の土星から見てケートゥは12室に在住。
D9の土星とケートゥは共に12室在住。
D10の土星から見てケートゥは12室に在住。

見えるのはどうしても12室が関与する模様です。

鑑定その1、2021年前後の未来のダシャーが知りたい場合の鑑定案内です。詳細は
↓↓↓
インド占星術 少し早いですが、来年のご自身のダシャーを深く知りましょう。


鑑定その2、様々な鑑定内容が知りたい場合の情報です。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。