インド占星術 米国のコロナの流れ

インド占星術関連情報
12 /15 2020
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
本日は朝からコロナの感染者の状況を見ていました。

具体的には米国の新規感染状況の推移です。
特に注目していたのが、11月3日以降の推移でした。

11月3日の意味ですが、米国大統領の選挙日でした。
米国の感染者の情報源ですが→https://covid19.who.int/region/amro/country/us

グラフですが
キャプチャ
いまいち見えにくいと思いますが、状況として米国の感染者の推移はまだまだピークには到達していない状況が続いているようですが、米国大統領の選挙があった11月3日の新規感染者数を見ると
11月3日 75,888人でした。

日本人から見ると異常な数値に見えますが、米国では当たり前の数値になってしまいます。
最新情報の新規感染者数を見ると
12月14日 212、577人となっていました。

数値的には約3倍に近い数値になっており、米国は、11月3日以降に新規感染者が増大している事を意味しています。その理由の一つが米国のトップの人が自分の為にエネルギーを注いでコロナに関してやるべき対策を疎かにしている事が原因の一つだと思います。トップがやばいと国もやばくなる事を意味します。この場合、国民の健康が奪われてしまっています。

彼のチャートを見ると
キャプチャ
彼のダシャーは木星土星期を推移中です。
惑星的に見ると木星は司法を意味します。
土星は法の番人です。

ハウス的に6室は紛争や訴訟を担当しています。トランジット的に司法と法のT土星とT木星が訴訟の6室を通過する時期に自分が勝つ為に訴訟をしまくっている模様ですが、殆ど全敗の様相となっています。

アシュタカヴァルガを見ると
山羊座は27点でほぼ平均点です。
土星の山羊座は5点で二番目に強いハウスになっています。
木星の山羊座は2点でワーストのハウスになっています。

未だに再選して大統領になる為に頑張っているのは、強い土星の影響ですが、司法を意味する木星からの保護が欠如しています。

米国のトップの人が最も最重要な新型コロナ対策ではなく、自身の再選にうつつを抜かしている結果が、新規感染者数の膨大な増加に繋がってしまっています。

言える事は、トランプさんの今の状況はT木星からの援助がありません。これは、流れで見ても分かりますが、裁判所から軽視、もしくは無視される傾向として現象化している模様です。その理由の一つが、法的根拠が弱い事に原因があります。

T土星が強いので戦い抜く力はまだまだありますが、T木星自体は、来年の4月頃まではいるのでそれまでは司法の対応に変化が起きない可能性が高い。そしてアメリカ合衆国大統領就任式は、2021年1月20日水曜日の模様なので既にやる事が閉ざされつつある模様です。

本来、トランプさんがやるべき重要事項は、自身の再選への対策ではなく、米国国民の安寧と健康を守る事が最優先のはずですが、それをやらずにいると今後も米国の新規感染者が増え続ける可能性を私は感じてしまいます。

日本の場合は、水星ー土星ー水星なので水星はどうにも優柔不断な惑星なので決断が鈍い時期を推移しています。

鑑定その1、2021年前後の未来のダシャーが知りたい場合の鑑定案内です。詳細は
↓↓↓
インド占星術 少し早いですが、来年のご自身のダシャーを深く知りましょう。


鑑定その2、様々な鑑定内容が知りたい場合の情報です。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。