インド占星術 もうすぐお正月と三つの元旦チャート

インド占星術関連情報
12 /30 2020
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
もうすぐお正月ですが、過去の日本の1月1日のトランジットの配置を見ていました。

最初に結論的に言える事は、ケンドラ生来的凶星が集まる年、苦悩が多い年になる事を意味する模様です。それは、多ければ多い程、凶意が増大し、吉意が失う事により、ケンドラの保護力が失う事が読み取れます。これは、今後の未来でも同じ予測が出来る事になりますが、過去の日本で非常に辛かった年は最も近い年では「終戦」の1945年だろうと私は思います。

1945年の元旦のトランジット
キャプチャ
内側のチャートが日本の建国図で外側の緑色のチャートが1945年の元旦のトランジットチャートですが、0時台のラグナ(日本時間)は基本的に常に乙女座ラグナになります。

1室は乙女座ですが、そこから見ると4室と10室に生来的凶星が揃っていたようです。ラグナロードを見ると逆行で死の度数の29:51を推移中だった事になるようです。吉星の金星は水瓶座に移動したばかりに弱々しい度数で移動中でした。

普通のチャート分析的には、ドシュタナが活発化する時、色々と問題が多発化するのですが、現実的トランジットの影響力は、生来的凶星ケンドラに揃えば揃うほどに凶意の増大と吉意の減少が示唆される事になります。

乙女座ラグナからだと4-10ラインですが、日本のラーシチャートで見ると1-7ラインで全ての凶星が出揃っている事になり、これは、戦争の敗北を意味していた事が分かります。

今年の2020年の元旦は元安倍総理に言葉では、今年は「未曽有の困難期」という言葉が緊急事態宣言の時に言った覚えがあるのですが、今年の元旦チャートですが
キャプチャ
見ると生来的凶星とは、土星、火星、ラーフ、ケートゥ、太陽ですが、強い火星以外のトランジット凶星が、1945年と同じで4-10ラインを移動中だった事が読み取れました。

ただ、今年の場合は、4室の支配星自体は自室在住で4室、10室を保護していた事になります。1945年の木星はラグナを保護していましたが、4室は傷が深いままでした。

また、ラグナロードはGK化していますが、死の度数で推移している訳ではありませんでした。最低でも生来的吉星が二つほど、ケンドラに在住していたのが今年の元旦トランジットになるようです。

このトランジットにより、浮かび上がったロジックであるケンドラ生来的凶星が集まる年、苦悩が多い年になる事を意味するですが、地震的に未曽有の年だったのが2011年でした。

この2011年の元旦チャートを見るとですが
キャプチャ
チャート的に見ると多少の違いはありますが、ロジック的にはケンドラ生来的凶星が集まった年が2011年だった事になります。

基本的に惑星には動く明確なロジックが存在し、トランジット太陽は確実に元旦の場合は、射手座を通過中という事になりますが、その近くを推移しているのが金星と水星です。それ以外は、その時々で変化しますが、未曽有の地震年は、当たり前のようにケンドラに生来的凶星が集合でした。

この場合、乙女座ラグナ自体にトランジット土星が通過中でした。

トランジットという技法は単純な技法そのものですが、元旦チャートを見る事により、実はその国のその年の凶意と吉意のレベルが示唆されているようです。トランジットの技法的には太陽以外の生来的凶星がケンドラに揃う年は、凶意が増大し、吉意が薄いシグナルになる可能性があるので慎重に過ごす年になる事をトランジットが示唆する事になります。

現実的短期周期を見る手法は、主にヴァルシャハラがあるのでそれを見た方が分かりやすいですが、元旦チャートも侮れない事を強く示唆している模様です。

鑑定その1、2021年全般の未来のダシャーが知りたい場合の鑑定案内です。詳細は
↓↓↓
インド占星術 来年のご自身のダシャーを深く知りましょう。


鑑定その2、様々な鑑定内容が知りたい場合の情報です。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。