インド占星術 Avastha(アヴァスタ)

インド占星術関連情報
01 /12 2021
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
本日は、Avastha(アヴァスタ)を見ていました。

このアヴァスタとは、ある 惑星 が どれ くらいの 影響 を 及ぼせる のかを 決める働きがあります。アヴァスタは主に5つありますが、私が調べた範囲では三つ程度の情報しかソフトには載ってはいないようです。

アヴァスタの中で常に載っている情報は主にバラディ・アヴァスタ
バラディ・アヴァスタは、惑星を五つの人生 段階に分類されています。
バーラ( 幼年)=Bala avasthahaは1/4の強さ
クマーラ( 少年)=Kumara avasthaは1/2の強さ
ユヴァン( 青年)=Yuva avasthaの惑星は100%
ヴリッダ( 老年)=Vridhha avasthaの惑星は最小の強さ
ムリタ( 死)=Mritya avasthaの惑星は結果を出しません。


単純化すると
ユヴァンが100%。クマーラが50%。バーラが25%。ヴリッダは12,5%以下。ムリタはほぼ無し。

事例としては、
キャプチャ
只今、一生懸命に転職活動中のチャートです。
ダシャーは土星木星期の時期。

転職5室8室が関与しやすいですが、
MDの土星は5Lで10室にアスペクト。ナクシャトラロードは9Hラーフ。
ADの木星8室にアスペクトで10室にもアスペクト。ナクシャトラロードは5L土星

このチャートのバラディ・アヴァスタを見ると
土星はKumara avasthaで50%の影響力がある模様です。
木星はMritya avasthaで惑星は結果を出ない状態の模様です。

既に2ヶ月以来も好条件の仕事を探しているようですが、手ごたえがない模様です。一つのアヴァスタの影響でしかないですが、それでもムリタ( 死)が絡む惑星時のダシャー期は結果が出にくい傾向がある模様です。

本日のネタは、ムリタ( 死)のダシャー期は弱そうです。

鑑定その1、2021年全般の未来のダシャーが知りたい場合の鑑定案内です。詳細は
↓↓↓
インド占星術 今年のご自身のダシャーを深く知りましょう。


鑑定その2、様々な鑑定内容が知りたい場合の情報です。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。