インド占星術 日本の地震

マンデーン占星術
02 /14 2021
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
昨日の夜の地震は大きかったです。

情報ではhttps://weathernews.jp/s/topics/202102/130195/
キャプチャ

インド占星術の場合、未来予測はダシャー分析が肝です。日本地震は非常に多い国ですが、日本の建国図(1952年)以後の大きな地震は二つあります。

それは
2011年3月11日の東日本大震災と1995年1月17日の阪神・淡路大震災です。

その時のダシャーですが時系列にすると
阪神・淡路大震災は土星ー金星ーラーフ期。
日本大震災は水星ー金星ー土星期。


リスク回避を考慮する場合、土星期と金星期が絡む時期は危ないとヴィムショッタリダシャーが告げているようです。

チャラダシャーで見ると
阪神・淡路大震災は牡牛座ー山羊座ー乙女座期。
日本大震災は魚座ー蟹座ー牡牛座期。


二つが一致するダシャーは牡牛座のみでした。

ヨーギニーダシャーで見ると(ヨーギニーは36年周期なので見るのはサブダシャーまでになります)
阪神・淡路大震災は火星ー火星期。
日本大震災は金星ー金星期。


見ると火星と金星になるようです。
日本の場合、金星には目を光らせておく必要があります。

1995年のヴァルシャパラを見ると
キャプチャ
ムンタロードは水星だったのですが、8Hだった模様です。

2011年のヴァルシャパラを見ると
キャプチャ
この年のムンタロードは金星でしたが、やはり8室に在住していた模様です。

水星と金星とはラーシの4室に在住する惑星を意味します。日本の場合、地震で気にする必要があるのは深刻さの度合いが重要です。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。