インド占星術 ラーフ期

ラーフ
02 /26 2021
親愛なる読者の皆様、今晩は。
とあるチャートを見ていてラーフを調べていたのですが、マハーラーフ期について調べていました。

ラーフ期がヤバイと感じた言葉は
ラーフマハ-ダーシャ-は18年間続くことが知られています。人生の方向性を失い、善悪を区別できない時期です。このため、麻薬、ギャンブル、アルコールなどのさまざまな形の依存症に夢中になり、時間と宗教の感覚を失う世俗的な喜びに完全に目がくらんでしまいます。

怖い言葉は
※善悪を区別できない時期
※さまざまな形の依存症に夢中
※世俗的な喜びに完全に目がくらんでしまう


私が知る限り、聖仙達の単純な教えは「不道徳の除去」です。これに意識を向けるだけで徐々にでも必ず人生が向上する事になる筈です。

ですが、ラーフマハ-ダーシャ-の意識状態を見ると「善悪を区別できない時期」とあります。

人々の善悪の区別は識別力にかかっています。そのための至高のマントラが「聖ガヤトリーマントラ」なのです。これは常に善悪の区別を正しく判断できるように識別力を研ぎ澄ます事を意味しているのです。そのため、女神たちに祈りを捧げるのです。

また、欲望に夢中になり、依存症に夢中になるようです。日本人は少ないですが、他国の人々は麻薬に夢中になる人が多いですが、その影響の一つに仮惑星のラーフが絡んでいる事を意味しています。

という事でラーフ期の課題は、善悪を区別を正しく区別できる事にあると思われます。確か、今の米国ダシャー期こそがマハーラーフ期だったと思います。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。