インド占星術 Devatas(神々)

神・神々・聖仙
04 /12 2021
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
今回は、ナクシャトラを見ていたのですが、Devatas(神々)が気になってしまいました。

Vedic astrology(ヴェーダ占星術)的に見るとDevatas(神々)は三通りある模様です。

それは、
1. Graha Devata
2. Adhi Devata
3. Pratyadi Devata


グラハ・デヴァータは肉体と関連し、アディ・デヴァータは精神と関連し、プラティヤディ・デヴァータは魂と関連する。

グラハ・デヴァータは物質的なレベルで働き、この惑星の性質を通して私たちを助けます。アディ・デヴァータは、アディ・デヴァータは、この惑星の性質を理解するのに役立ちます。アディ・デヴァータを理解することで、その惑星の基本的な本能を理解することができます。プラティヤディ・デヴァータは、その惑星がどのように機能するかを理解するのに役立ちます。

ある学派によるとDevatas(神々)はチャートにも機能するようです。
ラーシチャートはグラハ・デヴァータ。
ナヴァムシャチャートはアディ・デヴァータ。
シャスティヤムシャチャートはプラティヤディ・デヴァータ。

事例としては、今の日本のアンタルダシャーは土星期。
ラーシチャートのグラハ・デヴァータはシャニ。
ナヴァムシャチャートのアディ・デヴァータは、プラジャパティ。
シャスティヤムシャチャートのプラティヤディ・デヴァータはヤマ。

日本の2023年からマハーダシャーがケートゥ期に移行しますが、ケートゥの場合
ラーシチャートのグラハ・デヴァータはケートゥ。
ナヴァムシャチャートのアディ・デヴァータは、ブラフマー。
シャスティヤムシャチャートのプラティヤディ・デヴァータはチトラグプタ。

人間の魂自体も、肉体・心・魂と別れていますが、担当する神々も三層に分かれているようです。私なら、このように分割して考えるより、イシュタ・デーヴァター(守護神)を一心に祈りを捧げた方が結びつきが早いと思います。祈りも礼拝もですが、シンプルで毎日・毎時間・24時間出来るような修行が一番だと思います。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。