インド占星術 Pancha Bhoota(パンチャブータ)

神秘学
04 /12 2021
親愛なる読者の皆様、今晩は。
仕事ネタを読んでいたのですが、Pancha Bhoota(パンチャブータ)のネタが書いてありました。

Bhootaは日本語的にエレメント。Panchaは五つの意味なので五大エレメント、五大元素になるようです。

五大元素にはそれに適した仕事がある模様です。元々はエンジニアのネタを探していたのですが、出てきて単語は、Agni Tatva(アグニ タットヴァ)でした。

風元素からのネタになりますが、
・Vayu Tatva(風元素)に適した仕事は、このタットヴァは、哲学者、作家、科学者、助言者、講師、パイロット、弁護士、占星術師などの知的職業を表します。
・Agni Tatva(アグニ タットヴァ)の火元素に適した仕事は、自動車技術者、外科医、鉄鋼業、鉄道技術者、政治家、エンジニア、労働組合活動家。
・Jal Tatva(水元素)に適した仕事は、このタットヴァは、酪農、化学、薬品、海運、商船、船舶技師、石油関連の仕事、漁業、教師など、液体に関わる仕事を示します。
・Pritvi Tatva(地元素)に適した仕事は、このタットヴァは、管理能力、公務員、財産、取引、建設、農業、家具関連の仕事、食品、鉱業、または土を動かす機械や土のサンプルの研究など、土に関連する仕事を表します。

ちなみに霊性の分野のネタになりますが、Agni Tatva(アグニ タットヴァ)には五つのアグニであるパンチャアグニがあります。

これはダイレクトに解脱に関わる叡智に関与するアグニ(火)があるのですが
・カーラ アグニ(時間の火)
・グシュダー アグニ(空腹の火)
・シータ アグニ(冷たい火)
・コーパ アグニ(怒りの火)
・グニャーナ アグニ(叡智の火)


人を滅ぼすのは、コーパ アグニ(怒りの火)です。人に解脱をもたらすアグニは、グニャーナ アグニ(叡智の火)です。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。