インド占星術 Transit(トランジット)

トランジット(ゴーチャラ)
05 /13 2021
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
今回は、今月というか、今年のTransit(トランジット)の情報を見ていました。

今月のトランジットの情報としては、
キャプチャ
移動する惑星としては、太陽水星金星という基本的に足の早い惑星ばかりでサインとしては、牡牛座双子座への移動の時期になるようです。日本の建国図的には6室や7室への移動の時期になりそうです。

ヴェーダ占星術では、太陽は9つの惑星の王様と考えられています。太陽はすべての惑星の中で最高の惑星であり、地球上で生命を維持するために非常に重要である。太陽は惑星が回る中心的な力であり、すべての通過や動きをコントロールしています。惑星は通常の重力のために太陽の周りを回りますが、それは権力、地位、権威の象徴でもあります。太陽牡牛座を通過することで、その安定した根深い性質が、努力する決意を高め、目的や願望に一貫性を持たせるようです。

日本の射手座ラグナの場合、太陽は9ハウスの支配星であり、6室にトランジットしています。このトランジットの間、あなたの敵や敵対者はあなたに立ち向かう勇気がなく、あなたは彼らに勝利するでしょう。競争試験に臨む学生は、このトランジットの間に成功を収めるだろう。商売をしている人は、利益を得るために、より多くの努力をしなければなりません。仕事をしている人は、自分の地位を確保するために、より多くの成果を出さなければならないでしょう。経済的には、この期間に大きな利益はないでしょう。運は少しあなたを欺くので、自制心を持って行動しないと敗北を喫することになるでしょう。人間関係では、配偶者やパートナーとの間にすれ違いがあり、恋愛面ではあまり幸せではないかもしれません。健康面では、体調を崩したり、少しイライラしたり、消化器系の酸の逆流に直面するかもしれませんが、それ以外は深刻な健康問題はありません。

読んでいると敵には強いですが、配偶者やパートナーとの間にすれ違いは日本としては外交ですれ違いが起きやすい傾向が出るトランジットになりそうです。ただ、影響としては、一ヵ月程度で変化するのでいいですが、T土星の場合は、ハウス移動をすると一つのハウスに約2年半もの間在住し続けるのでトランジットの王は確実に土星の影響力が一番になりそうです。

それと水星は一番逆行しやすい惑星です。逆行するとどうにも通信、伝達、コミュニケーションと言葉としては似ていますが、それぞれに不具合が起きやすい時期になり、この時期の契約などは問題が起きやすいので注意が必要です。それと情報自体に弱さがあるので時間をかけた精査が重要です。これは水星が強い人は、自然にリスクを避けやすく、水星が弱い人はこの時期に重要な契約をしたり、情報自体をあまり深く考えずに信じてしまう傾向が出やすい時期です。これが惑星の品位としてチャートに出るのだと思います。水星が逆行するのはどうやら5月30日頃から入るようです。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。