インド占星術 宝石

宝石処方
05 /18 2021
親愛なる読者の皆様、今晩は。
ヴェーダの生みの母国はインドなのでインド人のサイトばかり見ていますが、宝石に関するネタが書いてありました。

日本の建国図のラグナは射手座です。
射手座に適した宝石
キャプチャ
イエローサファイアがいいらしい。
この場合、1室と4室を強化する事になりそうです。

隣国の中国の建国図のラグナは山羊座ラグナです。
山羊座に適した宝石
キャプチャ
ブルーサファイアになるようですが、1室と2室を強める事になりそうです。正直、イエローサファイアの凶事はあまり聞きませんが、ブルーサファイアは付けて数日で祟るような凶事を聞くのでブルーサファイアを安易に付けるのは私なら怖い。やっぱり怖い。この場合、賢いインド人は「試しにつける期間を設ける」になります。約2週間程度付けてみて効果を試すのです。その時期、特に問題がない場合は、そのままでいいですが、変異が起きたら付けるのをやめる。すぐにやめる。

宝石を付ける場合、「試し付け」が非常に重要です。ブルーサファイアを付ける事により、トリドーシャのバランスが徐々に崩れます。これが単純にして重要です。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。