インド占星術 プラタマ ヴァンダナ(最初に崇められる神)

神・神々・聖仙
05 /19 2021
親愛なる読者の皆様、こんにちは。
インドに伝わる占星術において最も影響力のある神は「ガナパティ」だろうと思います。

理由は、名前の意味にありますが
ガナパティの「ガ」はブッティ(理智)を意味します。
ガナパティの「ナ」はグニャーナ(英知)を意味します。
ガナパティの「パティ」は主人を意味します。

 これにより、ガナパティは、あらゆる知識、知性、英知の主人、主を意味する神になります。これがガナパティの一つ目の霊的な読み解き方ですが、これとは別の重要な意味もあります。それは、ガナパティは天界のガナ(天人)たちの先導者であるというものです。

 天界の指導者、またはリーダーのためにこの偉大なる神は、プラタマ ヴァンダナ(最初に崇められる神)と呼ばれている事になります。ガナパティにはこれとは違う呼び名もあります。それがヴィナーヤカという名前ですが、その意味は、自分以上の主人を持たないという意味になります。そのため、ヴィナーヤカは至高の主を意味する事になります。至高の主のために常にプラタマ ヴァンダナ(最初に崇められる神)になってしまいます。

 アルタ(富)に関与するまた違った呼び名で考えるとガナパティはラムボーダラ(大きな腹をした者)とも呼ばれています。この意味は、ガナパティは、富の守護女神であるラクシュミーの御姿であるという意味になります。このラクシュミーの場合、あらゆる意味での富と繁栄を表しているのであってダナ(富)だけを表している訳ではない事を理解する必要があります。

 ラクシュミー女神は、8つの変化身が存在しますが、ダナ(富)を司る女神は、ダナラクシュミーと呼ばれています。ラムボーダラの富の場合、スカ(歓喜)とアーナンダ(至福)を司る事になります。

このように神を知る場合でも霊的な意味での正しい知識が重要になります。ちなみにガナパティはケートゥと関係がある神様なのでケートゥに不具合や欠陥がある場合は、この至高の神に信愛を注いで恩寵を得る事をお勧め致します。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。