インド占星術 ダシャーの影響

インド占星術関連情報
06 /02 2021
 親愛なる読者の皆様、こんにちは。
今回は最も初歩のダシャーについて単純に読んでいました。

 ダシャーの影響の種類はパラシャラは2種類あるとしています。
それは、
・惑星の本来の性質の象意
・惑星自身による状態や位置による影響


 日本の建国図によると2023年には7年あるマハーケートゥ期が巡ってきますが、ケートゥ本来の性質の象意を体験する事は確実になるようです。

 マハーケートゥ期は7年ありますが、サブダシャーは9つに分かれており、その日数ですが
ケートゥケートゥ期は149日です。
ケートゥー金星期は426日です。
ケートゥー太陽期は127日です。
ケートゥー月期は213日です。
ケートゥー火星期は149日です。
ケートゥーラーフ期は386日です。
ケートゥー木星期は341日です。
ケートゥー土星期は404日です。
ケートゥー水星期は362日です。

 ダシャーの影響ですが、
ダシャーロードが、吉星と接合やアスペクト、高揚、ムーラ、自室、味方の星座に在住する時は福の影響。
ダシャーロードが、6、8、12室か、減衰、アスタ、敵の星座に在住する時は福ならず。

 日本の建国図でNeecha(減衰)惑星は水星のみですが、今現在がマハー水星期の最後の時期ですが、この時期に体験した事は、東日本大震災と新型コロナウイルスを体験中という時期になっているようです。はっきり言ってダイハードの時期です。

 ここに書かれているアスタとは、モウディアとも言われていますが、惑星が太陽に最も近いことを意味しています。日本語的にはコンバストグラハを意味しています。

 アスタ惑星の影響は、カラカトワの喪失、またはカラカトワの不安定な結果をもたらし、結果は2つの部分に分けられます。
・ラーシチャートの惑星のコンバストによる恒久的な結果。
・トランジット惑星のコンバストによる一時的な結果。


 現実にはナクシャトラパダの3度20分以内の接合の場合、最大のコンバスト効果が得られる事になるようで足の早い惑星の場合は、2パダである6度40分以内の接合で影響が出る事になるようです。どちらにしろ、その太陽の燃焼は、カラカトワに多大な燃焼を起こす事になるようです。

上記のある惑星の状態ですが
高揚
ムーラ
自室
友好

アスタ
減衰

 見ると7つに分ける事が出来ますが、より再分割すると大友と大敵、それと中立が含まれる事になるので全部で10通りの惑星の状態が形成される事になると思われます。この状態が惑星の強さを意味しています。強さは結果をもたらす原動力になり、起点としては、ウッチャの高揚が100%になるようです。減衰の場合は強さの強度は0%になるようです。

 実際には、この見方は一つの見方でしかなく、アヴァスタシャドバラなども注意深く見る必要があると思います。ですが、流石に減衰水星の場合、通常より、激しく困難な東日本大震災や新型コロナウイルスなどを体験させられているので弱い惑星はリスクが高い時期という事が分かります。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。